• ウーパールーパーと混泳できる魚はいるの?
  • エビやディスカスなら大丈夫?

単独飼育が一般的と思われているウーパールーパーですが、せっかく自宅に作ったアクアリウム。

他の魚も混泳させてみたい!って思いませんか?

そんな飼い主さんのために、ウーパールーパーと混泳できる魚や生き物について調べてみました。

 

以下を参考にして、ウーパールーパーの水槽をにぎやかに彩って見てください!

なぜウーパールーパーは「混泳禁止」?

クマノミやグッピーなど、たくさんの違う生き物が泳ぐアクアリウムは、飼い主さんの憧れですよね。なのにウーパールーパーは「混泳禁止」が基本といわれます。

キャラ

なぜ混泳禁止なの?

それはウーパールーパーの両生類としての特性が関係しています。

 

動くものは「エサ」

キャラ

ウーパールーパーは基本的に、「動くもの=エサ」と認識します。

水槽内の光の加減でちょっと石がごろっと動いたように見えただけで…あっという間に飛びついてゴクリ!

 

ウーパールーパーの石のみ事件は多々あり、飼い主さんの悩みの種でもありますよね。

 

動いていないはずの石でさえ飲み込むのだから、他の生き物が水槽内にいたら…どうなるかお分かりでしょうか。

 

そう、飛びついて吸い付くのです!ウーパールーパーは噛み付く力は弱いのですが、その分「吸い付く力」が強力です。

 

他の生き物をぬるっと吸い込んでしまう姿は、一度見たらトラウマになります。

 

ウーパールーパーを長生きさせるためには、ウーパールーパー・赤ちゃんへの餌やりがとても大切です。

 

ウーパールーパーの赤ちゃんの飼い方についてもあらかじめ学んでおきましょう。

 

仲間ですら共食いする

ならば、他の魚ではなく仲間のウーパールーパーを同じ水槽で飼えば、寂しくもなくいいんじゃない?と思われるでしょうか。

キャラ

それが大間違いなんです。

ウーパールーパーは仲間のウーパールーパーでさえ、捕食対象として認識。

 

同じ水槽に2匹のウーパールーパーを共存させると、弱い個体が食べられてしまいます。じゃあ体の大きさが同じウーパールーパーならば?と思いますか?

 

その場合は、お互いに攻撃しあってお互いのエラや手足に怪我をしてしまう可能性が高いのです。

 

これらのことから、ウーパールーパーの飼育は基本、1匹のウーパールーパーに1つの水槽を割り当てることになります。

 

ウーパールーパーが喰われる

キャラ

攻撃するのはなにも、ウーパールーパーだけではありません。

混泳させた魚のほうがウーパールーパーを食べようとすることもあるのです。

 

ウーパールーパーは体長15cmと、サイズはしっかりしているのですが、危ないのはエラ。

 

混浴している魚が、ウーパールーパーのエラをエサと勘違いして噛み付くことがあります。

 

特に注意すべきは「金魚」。金魚が特に獰猛というわけではなく、お祭りなどで気軽に手に入りやすいからです。

 

お祭りでなんとなくすくい上げた金魚を、考えなしにウーパールーパーの水槽に入れた結果、大切なウーパールーパーが怪我をしてしまったということは、よく聞く話。

 

同じ水生の生き物だからといって、気軽に混泳させないよう十分に注意しましょうね。

 

適応温度が低い

もう一つ、ウーパールーパーを他の熱帯魚と混泳させられない大きな理由があります。

キャラ

それは適応温度。生きていくうえで快適に過ごせる温度です。

ウーパールーパーの適応温度は15~20度。これに対し、多くの熱帯魚の適応温度は24~26度です。極端に言うと10度も違う環境を好むのです。

 

どちらの適応温度にあわせても、もう一方の生き物には辛い環境になってしまいますよね。だからこそ、ウーパールーパーの飼育は単頭飼いが推奨されているのです。

 

ウーパールーパーと混泳できる魚は? 

そんなウーパールーパーですが、どうしても混泳させたいという方のために、ウーパールーパーと混泳できる魚を探してみました。

 

そのためには、上に紹介したウーパールーパーの「混泳できない理由」をクリアした生き物を探す必要があります。

 

  • ウーパールーパーと共食いしあわない
  • ウーパールーパーが食べられないほど大きな体
  • 適応温度が低い

ウーパールーパーとの混泳条件はこの3点。

 

これがなかなかいないのですが、もう一つ、大きな条件をクリアすることで、一気に選択肢が広がります。

 

水槽の上のほうで生息する魚

キャラ

そう、ウーパールーパーは水槽の底で暮らす生き物です。

ウーパールーパーが水槽の上部に泳いでいくことは、まずありません。

 

せいぜい病気の「ぷかぷか病」になったときくらいですが、そのときはお腹にたまったガスのせいで自由に動けないため、他生物を攻撃する余裕はありません。

 

ウーパールーパーと生息地域を分けることで、かなり選択肢が広がると思いませんか?

 

ウパちゃんと顔を合わせない生き物を水槽内に入れることで、飼い主さんは多様なアクアリウムを楽しむことができるようになるのです。

 

また、ウーパールーパーの最大の大きさについては以下の記事でご紹介しています。

>>ウーパールーパーの最大の大きさは?体長のギネス記録は?

 

ウーパールーパーの個体によっては5年以上長生きするものもいて、大きさもどんどん大きくなっていくようです。

 

エビやディスカスなら大丈夫?

では、ウーパールーパーと混泳させたいと候補に挙がることの多いエビとディスカスについて、上記の点を踏まえて考えて見ましょう。

 

ウーパールーパーとエビ

ウーパールーパーとエビを混泳させるのは厳禁といわれていますよね。

 

エビは川などで簡単に捕まえることができるため、一緒の水槽に入れて飼いたい!と願う飼い主さんが多いようです。

 

しかしエビは、ストライクでウーパールーパーの捕食対象。混泳にはむいていないと考えられます。

 

一方で、エビはとても警戒心の強い、すばやく動ける性質があります。

 

ウーパールーパーと混泳しても、食べられずに視界から逃げられる強い個体も中にはいるでしょう。

 

やむをえない場合は、食べられるリスクが高いことを承知で、エビの運にかけてもいいかもしれません。運がよければエビが生き延び、共存することができます。

キャラ

しかし、ウーパールーパーに捕食される覚悟はしておきましょうね。

 

ウーパールーパーとディスカス

熱帯魚の王様といわれる美しいディスカス。せっかく自宅に水槽があるのならば、毎日眺めても飽きない美しい魚を飼ってみたいですよね。

キャラ

気になるディスカスとウーパールーパーの愛称はどうなのでしょうか。

まず、水温や水質に関しては、両生物ともほぼ同じ!適応温度や好みの水質がとても似ている両者です。

 

そしてディスカスは平均体長が15~20cmと、ウーパールーパーとほぼ同じ!ウーパールーパーに捕食される恐れは、ほぼないといえるでしょう。

 

しかしここで問題が一つ。逆にディスカスのほうがウーパールーパーを噛み付く危険があるのです。

 

攻撃というよりは、ウーパールーパーのひらひらしたエラを「エサ」と勘違いして噛み付いてしまうのでしょう。

 

ウーパールーパーのエラは薄くてぺらぺらでとてももろいです。しかし命をつなぐ大切な生命線。

 

混泳させたとしても、ウーパールーパーのエラや体が傷ついていないかを、まめにチェックする必要があるでしょう。

 

飼育環境が悪いと、ウーパールーパーが病気になってしまうこともあります。

>>ウーパールーパーが病気?水カビがエラに生えて白い時の対処法は?

 

まとめ

さて、ウーパールーパーが混泳に向いていない理由。

 

ウーパールーパーと混泳させる魚の条件と、エビやディスカスの場合の検証を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

大きな水槽の中で1匹のウパちゃんがつぶらな瞳でこちらをのぞいていると、ついつい仲間を増やしてにぎやかにしてあげたい気持ちになりますよね。

 

しかし結果は共食いやケガ。100%無理ではないけど、やはり混泳には十分な注意が必要だということがわかりましたね。

 

どうしても混泳するのであれば、ウーパールーパーに食べられることや、ウーパールーパーの怪我を見据えた上で、よく観察しながらお試し下さい。

 

ウーパールーパーの寿命については、こちらの記事でご紹介しています。

>>ウーパールーパーの寿命は?飼い方やペット・野生の生態で違う?

 

ペットとして飼育する上で寿命は重要なポイントですから、ぜひチェックしておいてください。


動物ドキュメンタリーを見るならHulu


月額固定料金で映像作品を
好きなだけ楽しめる
Huluはご存知ですか?

ドラマ・映画・アニメだけでなく、
動物ドキュメンタリーも充実!

以下のような、
動物ドキュメンタリーも視聴できます。
  • Animal Super Parents
  • 旭山動物園物語
  • もうひとつの動物園
  • Hidden Kingdoms
  • ホオジロザメ、宙を舞う
  • ガラパゴス
  • ブルー・プラネット


最初の2週間は無料視聴できるので、
ぜひお試ししてみてください。

無料視聴期間中に解約すれば、
完全無料です!

ですから、安心して
試してみてください。

無料お試しはコチラ