• ウーパールーパーはなつく?
  • 威嚇するのはどうして?
  • 餌をあげ続ければ威嚇しなくなる?

きょとんとした表情のかわいさから、ウーパールーパーを飼いはじめた方、飼いたいと思っている方。

ウーパールーパーは自分になついてくれるのかどうか、気になりますよね。

そこで今回は、ウーパールーパーが果たして飼い主になついてくれる生き物なのかどうかを調べてみました。

 

ウーパールーパーの気持ちを理解するためにも、以下を参照にウーパールーパーについて学んでいきましょう。

ウーパールーパーはなつく?

キャラ

まず、ウーパールーパーは両生類です。

かえるやイモリと同じ両生類なので、基本的に人間の顔の認識ができていません。

 

こちらをみて笑っているように見えるのですが、飼い主さんを認識して笑っているわけではなく、普通の表情なのです。

 

したがって、両生類のウーパールーパーがなつくということはありません。

 

飼い主が覗き込むと寄ってくる

「うちのウーパールーパーは、私が水槽を覗き込むと寄ってくるからなついている!」と主張する人もいますよね。

キャラ

それはその通り、たしかに飼い主さんに対して、近づいていっています。

しかし、なついているというよりは「餌がもらえる」という理由で近づいていると思われます。

 

あのぼんやりした表情でにこにこ近寄ってくるので、ついついなつかれているような気持ちになってしまいますよね。

 

声をかけると近づいてくる

キャラ

上述のとおり、ウーパールーパーは飼い主さんを認識することができません。

大きな生命体が動いて近づいてきた。ということは分かりますが、それが飼い主さんだからとは限らないのです。

 

飼い主さん宅にたまたま遊びに来た、ウーパールーパーと初対面のご友人にも近づいているのではないでしょうか?

 

声をかけてよってくるように思えるのも同様。餌がもらえるかも、と近づいてきているに過ぎません。自分が声をかけて近づいてくると、かわいく見えてしまいますよね。

 

威嚇するのはどうして?

ウーパールーパーを飼っていると、たまに「威嚇してるの?」と分からないポーズをとられることがありますよね。

  • 腕立て伏せの腕を伸ばしきったときのようなポーズ
  • 腕立て伏せの腕をまげきって、胸を水槽の底につけたときのようなポーズ
  • 猫がねずみを狙うときのようなポーズ

これらのポーズを飼い主さんに対してしていると「威嚇されている?」と感じることもあります。

 

しかし、ウーパールーパーが人類に対して威嚇をすることは、ないといえるでしょう。人間も高層ビルのような大きな生き物に対して、威嚇したりしませんよね。

 

威嚇のようなポーズということで、飼い主さんの勘違いであるケースが多いといえます。その「威嚇のように見えるポーズ」すら、ウーパールーパーがやるとものすごくかわいく見えるんですよね。

 

餌をあげ続ければ、威嚇しなくなる?

上に書いた「ウーパールーパーはなつくのか」という疑問にも通じますが、餌をあげ続けることで、ウーパールーパーの警戒心を解くことはできるでしょう。

 

飼い主さんを含めた、自宅の水槽の中という環境に、ウーパールーパー自身がなれてくれる日は必ず来ます。

キャラ

もちろん、クリアな水質と適度な餌という管理は必須です。

飼った当初、威嚇しているかのようなポーズばかり取り続けていたウーパールーパーが、次第に飼い主さんが近寄るだけで、そばに寄ってくるまでに慣れることは、十分に考えられます。

 

もちろん餌ありき、なのですが、あの可愛らしい表情で近づいてこられると、やっぱりウパ好きの飼い主さんはめろめろになってしまうでしょう!

 

ウーパールーパーが、早く環境になじんでリラックスして暮らしてほしいものですよね。

 

ウーパールーパーを長生きさせるためには、ウーパールーパー・赤ちゃんへの餌やりがとても大切です。

 

ウーパールーパーの赤ちゃんの飼い方についてもあらかじめ学んでおきましょう。

 

ウーパールーパーと同系統の生き物

ウーパールーパーは両生類でトラフサンショウウオ科です。同じ両生類の仲間には、カエル、イモリ、サンショウウオなど挙げられます。

 

「ウーパールーパー」も和製英語で、日本に入ってきたときに日本人が半ばいい加減につけた名称。

キャラ

ウーパールーパーの正式な名前はメキシコサンショウウオです。

あの可愛らしい表情をみると、つい「なついてほしい!」と思ってしまうのですが、カエルやイモリを思い浮かべると、「なつくわけがない…」と分かりますよね。

 

なついてくれる、というよりは、飼い主さんが用意した環境に早く「慣れて」くれることを願いましょう。

 

また、ウーパールーパーは飼育環境によって進化・変体します。大人になると気持ち悪いと話題ですので、ぜひチェックしてみてください。

 

同じ水槽の生き物に威嚇することは?

さて、上述の通り、ウーパールーパーは飼い主さんに威嚇することはありません。

キャラ

しかし、同じ水槽内にいる仲間に対して威嚇することはあります。

  • 腕立て伏せの腕を伸ばしきったときのようなポーズ
  • 腕立て伏せの腕をまげきって、胸を水槽の底につけたときのようなポーズ
  • 猫がねずみを狙うときのようなポーズ

このようなポーズを、同じ水槽内の仲間に対して行っていたら、それは威嚇しているのかもしれません。

 

その後急に飛び掛ってしまうこともあるため、ウーパールーパーを飼うときには、水槽内に他の生き物を入れることは避けたほうがいいでしょう。

 

魚との混泳は危険

キャラ

ウーパールーパーは目が良く見えていません。

水槽内で、ふらりと動くものを餌と認識して食べてしまうことも多々あります。

 

ウーパールーパーを飼育している方なら、ウーパールーパーが石を食べてしまった!というトラブルにあったこともあるでしょう。

 

そのため、もしもウーパールーパーの水槽に他の生き物を入れてしまうと、食べられてしまう可能性が高いのです。

 

アクアリウムペットとして人気のクマノミや金魚など、混泳させると食べられてしまうかもしれません。

 

他のウーパールーパーも威嚇対象

魚がダメなら仲間のウーパールーパーは?と思いますよね。ところが、ウーパールーパーは同種族であってもかまわず噛み付いてしまいます。

キャラ

体のサイズの小さい固体が圧倒的不利。

食べられないまでも、エラや手を怪我することが多々あります。他の固体に対して威嚇のように感じられるポーズをとっていたら、その時点で2匹を離してあげるといいでしょう。

 

できることならば、ウーパールーパー1匹に対して、1つの水槽をあげてください。

 

ついつい人間の感覚で、「一人じゃ寂しいんじゃ?」「仲間を作ってあげたい」と気を使うのですが、結果は威嚇して、共食い。

 

同じ水槽内の仲間ではなく、飼い主さん御自身が、かまってあげることが一番です。

 

水質管理などに手間隙を割いて、ウーパールーパーが気持ちよくすごせる環境づくりを続けましょう。

 

まとめ

  1. ウーパールーパーはなつく?
  2. 威嚇するのはどうして?
  3. 餌をあげ続ければ威嚇しなくなる?

これらの疑問にお答えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

答えをまとめると、以下のとおりになります。

  • ウーパールーパーは飼い主を認識できないのでなつかない。
  • 飼い主が近づいたり呼びかけると、ウーパールーパーが近づいてくるのは「餌がもらえる」と思うからである。
  • ウーパールーパーは飼い主に対して威嚇することはない。
  • 餌をあげ続けたところで、ウーパールーパーは威嚇をやめてなつくことはない。
  • けれども、飼い主が用意した水槽の環境に次第になれ、リラックスして生活を始める。

ウーパールーパーは見れば見るほど本当にかわいい生き物です。ペットとして飼うくらいなので、飼い主さんは夢中でしょう。

 

なつかない、と分かっていても、やっぱり心のコミュニケーションが取れていると考えていたほうが、飼い主さんも愛着がわくというものですよね。

 

ウーパールーパーの寿命については、こちらの記事でご紹介しています。

>>ウーパールーパーの寿命は?飼い方やペット・野生の生態で違う?

 

ペットとして飼育する上で寿命は重要なポイントですから、ぜひチェックしておいてください。


動物ドキュメンタリーを見るならHulu


月額固定料金で映像作品を
好きなだけ楽しめる
Huluはご存知ですか?

ドラマ・映画・アニメだけでなく、
動物ドキュメンタリーも充実!

以下のような、
動物ドキュメンタリーも視聴できます。
  • Animal Super Parents
  • 旭山動物園物語
  • もうひとつの動物園
  • Hidden Kingdoms
  • ホオジロザメ、宙を舞う
  • ガラパゴス
  • ブルー・プラネット


最初の2週間は無料視聴できるので、
ぜひお試ししてみてください。

無料視聴期間中に解約すれば、
完全無料です!

ですから、安心して
試してみてください。

無料お試しはコチラ