• カブトムシ・さなぎが土の上に出てきた?
  • 埋めるよりも放置すべき?

カブトムシの幼虫を飼っていて、あれ?と思ったことはありませんか?

カブトムシの幼虫は昨日まで元気に飼育容器の中を動いていても、ある日を境にまったく動かなくなることがあります。

カブトムシの幼虫がめっきり動かなくなるというのは、頭部と足が固まってきて、身体をさなぎに変化させている真っ最中という証拠です。

 

そんな蛹化の途中段階に、時々土の上に出てしまうことがあります。

 

初心者飼い主さんにしたら「え?今出てくるの?土の中にいるべきときじゃないの?!」と焦ってしまいますよね。

 

蛹になる初期のカブトムシの幼虫が、土の上に出てくるのにはいくつか原因が挙げられます。

 

原因をとりのぞき、再びゆっくりとさなぎとして眠らせてあげるために、飼い主さんができることを以下に紹介していくので、参考にしてください。

カブトムシ・さなぎが土の上に出てきた?

さなぎの状態で土の上に出てしまったカブトムシ。

 

カブトムシのさなぎが土の上に出てきてしまう理由はいくつか考えられます。

 

 

土の量は適量?

一番多い原因として考えられるのは「土の量」です。

 

ベテラン飼い主さんがこのような事態に遭遇したとき、まずチェックするのが土の量なのです。

 

国産のカブトムシは必ず縦方向に向いてさなぎになります。

 

ですから土の量が少なければ、さなぎになるために必要な縦方向のスペースが十分確保できません。

 

そして、土の量が足らない飼育ケースの中で蛹化しようとする幼虫は、どんどん上に上がってきてしまい、ついには土の上でさなぎになってしまうんです。

 

カブトムシ幼虫の土の量に関して詳しくは「カブトムシの幼虫の育て方」の記事にまとめてあるので、参考にしてくださいね。

 

土の上でさなぎになろうとしている幼虫を見つけたら、まず縦方向にさなぎになれるよう、十分な土の深さがあるかどうかを確認してください。

 

幼虫の数が多すぎる?

1つのケースに多くの幼虫を入れている場合も、同じように、幼虫が土の上でさなぎになることがあります。

 

縦方向にさなぎになる十分なスペースがあったとしても、今度は満員すぎて、横方向のスペースが十分じゃない?

 

厳密に言うと、蛹化できるスペースはあっても、一つの飼育ケースにたくさん幼虫がいると上に出てきちゃう個体が多くなります。

 

カブトムシの幼虫は、一匹当たり最低1リットルのスペースが必要だと言われているので、それを超える満員の飼育ケースでは、土の上に出てきちゃうなどの様々なトラブルが起きてしまいます。

 

思い当たる飼い主さんは、すぐに幼虫さんの量と飼育ケースのスペースを見直しましょう。

 

「飼育容器がかなりスカスカだな…」と感じるくらいが、幼虫さんにとってはベストの環境なのです。

 

飼育ケースに対するカブトムシの頭数に関しても「カブトムシの幼虫の育て方」にまとめてあるので、そちらの記事もあわせてご覧くださいね。

 

土が水分不足?

カブトムシのマットは、適量の水分を含んでいる必要があります。

 

キャラ

目安は、ギュッと握ったときにお団子が出来るくらいです。

 

水分が多すぎると幼虫が溺死してしまいます。少なすぎると水分不足でやっぱり命が危ない状態に。

 

握ってお団子になるくらいの適度な水分量は、飼育の上でとても大切な目安なので、飼い主さんは是非覚えてくださいね!

 

水分が適当でないと、さなぎの過ごすお部屋である蛹室がうまく作れません。

 

カブトムシの幼虫はだいたい6月頃に入ると、自分のフンや身体から出る分泌液を使い、周りの土を固めて蛹室を作ります。

 

ところが、土が乾燥していると、うまく固めることが出来ず、その結果蛹室を作れないことに。

 

そうした幼虫さんは土の上に出てきて蛹化します。

 

キャラ

「ち、この土だめじゃん!」って幼虫さんの声が聞こえてきそうです。

 

ですから飼い主さんは、土の状態をこまめにチェックする必要があります。

 

幼虫のときももちろんですが、幼虫がさなぎになりそうな6月くらいの時期には、いつも以上に土の乾燥具合を調べておきましょう。

 

霧吹きで加湿しながら土の環境を調整してあげるのも、飼育する上で大切なコツです。

 

異物混入はない?

成虫を飼育していた時に使っていた、隠れ蓑の大きな葉っぱや枝はマットに混ざっていませんか?

 

幼虫を野外からとってきた場合は、その幼虫がいた場所の腐葉土をそのまま飼育に使うことがありますよね。

 

それは決して悪いことではありません。幼虫さんにしてみると、同じ土環境であることはストレスレスにもつながりますしね。

 

しかし、腐葉土の葉っぱなどには微生物や虫が付いていることがあります。

 

腐葉土などに入っている小さな葉っぱの欠片やおがくずなどは大丈夫ですが、それ以外の異物が混入していると、幼虫がうまく蛹室を作れずに土の上に出てきてさなぎになることがあるんです。

 

そのため飼育に使用する前に、出来るだけ異物を取り除いて、滑らかなマットになるように一手間かける必要があるんです。

 

こうしてフルイにかけてから飼育容器に入れるようにすると、さなぎが土の上に出てくるようなトラブルを防ぐことが出来ます。

 

さなぎが生きているかを確認する方法

ある日さなぎが土の上にいると、飼い主さんはビックリしますよね!

 

どんなに初心者飼い主さんであっても、これが緊急事態であることくらいはなんとなくわかるはず。

 

まず心配になるのは「生きてる?死んじゃったの?!」というポイントだと思うので、その確認方法をお伝えいたします。

 

さなぎは動く

さなぎは、生きているとお尻(下半身)をクネクネかわいらしく動かします。

 

そう、初心者飼い主さんは意外と知らないのですが、さなぎって動くんですよ。

 

カチカチに凍り付いちゃってる…と思い込んでる飼い主さんは、土の上に出てきたさなぎのお尻を確認してみてください。

 

ぴくぴく動いていれば、生きている証!よかったですね!

 

さなぎのお尻部分の様子を観察

さなぎをジッと見ていても、動いてくれないときがあります…。とても心配になりますよね。

 

そんな時の生死の確認方法も、やっぱりさなぎの「お尻」部分です!

 

死んでしまっているさなぎは、お尻の部分が黒っぽくなり、腐敗臭もあるのでわかると思います。

 

わかったところで落ち込みますが、他の幼虫さんのためにもその苦い経験を生かしましょう。

 

幼虫が無事にさなぎになって、成虫へとなるために、飼い主さんに出来ることはまだまだあるので、以下をご覧ください!

 

埋めるよりも放置すべき?対処法は?

カブトムシのさなぎが土の上に出てきちゃったとき、上述したような土環境の問題が考えられます。

 

そこで、そのような問題に突き当たったときの飼い主さんの対処方法をお伝えしていきますね。

 

一番良い方法は、飼い主が蛹室を作ってあげることです。

 

というか、カブトムシを何度も飼育しているわたしからすると、それがベストでマストな気がします。

 

蛹化する時期になると、トイレットペーパーの芯をストックしている自分がいますもん笑。

 

以下に、カブトムシのさなぎのための蛹室の作り方や注意点を簡単に解説していくのでご覧ください。

 

さなぎを移動させるタイミング

土の上に出ているさなぎ。そのまま放置しておくと、羽化に失敗する確率が高くなります。

 

ですから、出来るだけ土の蛹室を作り、移動させてあげたくなっちゃうでしょう。

 

キャラ

しかしここで注意が必要です!

 

さなぎになってすぐのタイミングでは、身体が柔らかすぎて、飼い主さんがちょっと触るだけで命を落としてしまうほどにデリケートな状態だからです!

 

移動させようと柔らかい体を触ると傷をつけてしまい、せっかくの命が台無しになってしまいます。

 

ですからさなぎが柔らかいうちは放置。さなぎになった日から1週間~10日は触ってはいけません!

 

飼い主さんはその間に、蛹室を用意し、時期が来たらさなぎを移動させてあげるといいですよ。

 

そして固くなった蛹であっても、デリケートで命を落としやすい状態であることに変わりはありません。

 

移動させるときにさなぎを落とさないように、十分に気を付ける必要があります。

 

飼い主さんは爪を短く切って、爪でさなぎに傷をつけて、体液を出してしまわないようにしてください。

 

お子様と一緒にこの作業をされるかたは、お子様にもしっかりとそのことを伝えて、さなぎを大切に。命を大切に扱うことを教えてあげるといいでしょう。

 

一生懸命爪を切って、さなぎを大切に扱う我が子の姿は、母としてなんだか感じ入るものがありますよ。

 

蛹室の作り方

もともと飼育していた土の表面に、蛹室のスペースを作るという方法が一般的。

 

さなぎより2まわりほど大きい縦穴を丁寧に堀り、霧吹きで土を湿らせ、中指と人差し指でしっかり土を固めていきます。

 

スペースが出来たら、その中にさなぎを頭を上にして移動させてあげます。

 

注意点は、さなぎよりも大きめのスペースの穴を掘ること。

 

穴が小さすぎると、脱皮がうまくできなかったり、角が土の壁に触れてしまい、曲がって生まれてしまう可能性も高くなります。

 

このさなぎの穴を「トイレットペーパーの芯」で作る方法もおすすめですが、詳しいやり方は「カブトムシの幼虫が蛹化に失敗する理由は?」の記事にまとめたので、興味のある方はそちらをご覧くださいね!

 

トイレットペーパーの芯を活用すれば、さなぎが成虫になる様子を観察することができるので、お子様のいるご家庭ではおすすめです!

 

さなぎが成虫になるまでの期間

カブトムシのさなぎが成虫として羽化し、土からでてくるまで、どれくらいの期間が必要なのでしょうか?

 

カブトムシがさなぎ化してから羽化するまでの期間は、温度と関係があり、低温管理(16度~20度)でだいたい2カ月から2カ月半で羽化します。

 

高温管理(20度~25度)でおよそ1カ月から1カ月半程度で羽化すると言われています。

 

私の飼育経験の中で、実は温度を気にしたことがあまりないため、年によって「今年早いな?」という時期があったりなかったりです。

 

さなぎの期間に注意すること

幼虫がさなぎ化したときに、他にもいくつか注意点があるので、お伝えしていきますね。

 

初心者飼い主さんは知らずにさなぎを窮地においやっていることもあるため、以下を読んでさなぎの取り扱い方を注意していくといいでしょう。

 

羽化直前のさなぎ、つまり「後もう一歩で成虫になる!」という段階のさなぎは、黒茶っぽく、そしてとても光沢のある色になってきます。

 

そして、ややしぼんだように小さく見えます。

 

そんな羽化直前のさなぎの管理で、守らなくてはいけない2つのことがあります。

 

絶対安静!

静かに動かさないようにしなくてはいけません。

 

なぜなら、羽化直前のさなぎはとても敏感で、少し驚くだけでも死んでしまうことがあるからです。

 

お子さんなどが触ってしまわないよう、今まで以上に気を配ってあげるようにしてくださいね!

 

羽化に邪魔なものは取り除く

もし、蛹室の中が確認できる状態なら、カビやダニ、キノコ、マットの破片などがあれば取り除くようにしてください。

 

カビやダニ・キノコがあると、羽化時に羽化不全を起こしてしまう可能性が高く、せっかくのカブトムシの羽がうまく伸びなくなるからです。

 

羽化直後の成虫はとても柔らかく、ちょっとした衝撃やトラブルで、体に障害が出てしまいます。

 

キャラ

なんといっても羽化はカブトムシ飼育の集大成。

 

万全の態勢で迎えてあげるようにしてください。

 

方法は、飼育ケースの上部から下に向かってそっと、優しく掘り下げていきます。

 

そして、蛹室が見えたところでストップし、以下のことを確認しましょう。

 

  • 蛹室内に水が溜まっていないか
  • キノコなどが生えていないか
  • カビは無いか

 

もし、蛹室を壊してしまった場合は、人工蛹室で対応してください。

 

人口さなぎ室の作り方は上にも紹介しましたが、「カブトムシの幼虫が蛹化に失敗する理由は?」の記事でも詳しく方法を解説しているので、参考にしてください。

 

羽化不全とは?

羽化不全とは、羽化したカブトムシの外見上に不具合があることを言います。

 

「不具合…」となると心配になりますよね。そこで以下に羽化不全の場合に起こりうる事態について紹介していきます。

 

羽根の不具合

羽がしっかりと閉じずに、真ん中からパカッと開いた状態になっていること。

 

狭い飼育ケースの中ではあまり影響ないかもしれませんが、それでも飛ぶときに「ブブブーーブブブー」と、なんだか飛びにくそうな音がします。

 

また、飼育ケースにごつごつぶつかる音もしますが、これは健常なカブトムシも同じかもしれませんね。

 

角曲がり

せっかくのオスのシンボルである角が曲がってしまっていること。

 

これは、初心者飼い主さんの多くが経験してしまっていることです。見た目だけの話ではありませんよね。

 

カブトムシのオスにとって角は命。エサやメスを勝ち取るための剣(つるぎ)です。曲がった角は、そのまま生命力の弱さに直結すると考えていいでしょう。

 

ディンプル

背中や羽の部分に凸凹が出来てしまっている状態のこと。

 

我が家では実際には見たことがないのですが、図鑑などでみると、たしかに凹凸ができています。

 

さなぎ室の形が影響したのかもしれませんし、上述したカビやキノコも要因に考えられます。

 

羽化不全を防ぐためには

我が家に来てくれた大切なカブちゃん。健常でつよい成虫にしてあげたいと願うのは、どの飼い主さんも一緒ですよね。

 

そこで、極力羽化不全を防ぐための、どんな方法があるかを以下に見て行きましょう。

 

蛹室の環境

前蛹からさなぎの時の環境はとても大切です。

 

マット内の蛹室の場合は、不要物を極力取り除いて、滑らかなマットにしておく必要があります。

 

もし不要物が残っていると、それが致命的になり、羽化不全を起こしてしまうことが多々あるからです。

 

蛹室の形

カブトムシ自身が作る場合は、それほど心配はいりません。本能ゆえか、自分が健康でいられるベストの蛹室を作成してくれますからね。

 

が、今回のテーマのさなぎの状態で土の上に出てしまったとき。

 

人工的に作った蛹室などは、きちんとアーモンド型に作る必要があります。

 

もし形を悪く作ってしまうと、角曲がりを起こしてしまうこともあるので、注意が必要です。

 

また、ロールティッシュの芯などで作る蛹室の場合は、角度をつけておかないと、角曲がりの原因になってしまうので、注意してください。

 

「角度?」とわからない方は、「カブトムシの幼虫が蛹化に失敗する理由は?」の記事で人工蛹室の作り方をご覧ください。

 

羽化不全は蛹化不全?

カブトムシが蛹室を作るとき。

 

それは、幼虫時代の最後の力を振り絞って作っているのではないかと言われています。

 

そのため、最初に作った蛹室が何かのきっかけで壊れたり、作ること自体を失敗してしまえば、そのまま力尽きて幼虫のまま死んでしまいます。

 

これは決してレアケースではなく、長年カブトムシ飼育をしていると、よくある事態なんです。

 

ですから、カブトムシの幼虫の蛹化が始まったり、完全にさなぎになっている場合は、絶対安静にしてあげることがとても大事です。

 

カブトムシがきちっと蛹室を作れた場合は、ほぼ100%の確率で羽化不全にはならないと言えます!

 

つまり、羽化不全というのは、往々にして蛹化する時点でなんらかの不都合が生じているということなのです。

 

羽化後の注意点

無事に羽化が成功したのち、カブトムシの様子を観察するポイントや気を付ける点などはあるのでしょうか?

 

羽化後の注意点についてもまとめてみたので、ご覧ください!

 

やわやわなので、持たないでね!

羽化直後のカブトムシの身体は白く、まだまだ生まれたての赤ちゃん状態で、とても柔らかく、フニャフニャしています。

 

ですから、持ったり触ったりすることは厳禁です!

 

もし、むやみに触れたりすると、羽が閉じなかったり、変形してしまったりする可能性も高いので、絶対にしてはいけません。

 

特に、人工蛹室で羽化を迎えたカブトムシは注意が必要です。

 

羽化直後はまだまだ羽化不全を起こしかねないデリケートな時期なので、安静を保ってあげてくださいね。

 

自分で出てくるまで待ってね!

マット飼育で羽化した場合、カブトムシ自身が自力で蛹室から出てくるまで、じっと待ってあげてください。

 

カブトムシは、羽化したては白く、時間が経つにつれて色が付き、土から自力で出てくるころには見慣れたカブトムシの色になっています。

 

トイレットペーパーの芯で蛹室を作った場合は、この白い段階のカブトムシを見ることができるでしょう。

 

しかし珍しいからと触ってはいけませんよ!そっと見守るにとどめてください。

 

まとめ

カブトムシのさなぎが土の上に出てしまったときの原因や対処法について書きましたが、参考になりましたか?

  • さなぎが土の上に出てくるのは「土の量」と「幼虫の数」と「水」が原因である可能性が高い!
  • さなぎが生きているかを確認するために「お尻が動いているか(生)、黒いか(死)」をみよう!
  • 土の上に出てきたら、さなぎになって1週間~10日たってから、人工蛹室に移動させよう!
  • 蛹室の作り方のポイントは、さなぎよりも大きいサイズであること!
  • さなぎ→成虫になるまでの期間は1ヶ月~2ヵ月半と、温度によって差がある!
  • 羽化不全を防ぐには、さなぎや羽化直後に触らないようにすることが大切!

カブトムシは幼虫からさなぎになってから羽化するまでが一大イベントであり、とんでもなく変化する期間でもあります。

 

ですから、幼虫の時以上に安静に時を過ごさせてあげなければなりません。

 

今年の夏は、カブトムシを飼って、卵から育ててみると、お子さんにとって命を学ぶとても良い機会になると思います。

 

ぜひ母子でカブトムシライフを満喫してみてくださいね!


動物ドキュメンタリーを見るならHulu


月額固定料金で映像作品を
好きなだけ楽しめる
Huluはご存知ですか?

ドラマ・映画・アニメだけでなく、
動物ドキュメンタリーも充実!

以下のような、
動物ドキュメンタリーも視聴できます。
  • Animal Super Parents
  • 旭山動物園物語
  • もうひとつの動物園
  • Hidden Kingdoms
  • ホオジロザメ、宙を舞う
  • ガラパゴス
  • ブルー・プラネット


最初の2週間は無料視聴できるので、
ぜひお試ししてみてください。

無料視聴期間中に解約すれば、
完全無料です!

ですから、安心して
試してみてください。

無料お試しはコチラ