• カブトムシの幼虫が共食いしない育て方は?
  • 共食いする理由・原因とは?

毎年夏になると、多くの子供がカブトムシの幼虫のお世話をがんばります。

しかし、カブトムシの幼虫はまれに共食いをしますよね。子供に幼虫の共食い風景を見せるのは酷…。

そう考えるお父さんお母さんのために、今回は、カブトムシの幼虫が共食いしないような育て方を調べてみました。

 

以下を読んで、カブトムシの幼虫が共食いしてしまう理由を知り、原因を取り除くことで円滑な飼育が可能となるでしょう!

カブトムシの幼虫が共食いしない育て方は?

カブトムシの幼虫が共食いしてしまった…とショックを受ける方の多くが、「しばらく幼虫を放置していた」のではないでしょうか?

 

そう、まめに飼育ケースをのぞきこんで、幼虫の様子を把握できる場合では、あまり共食いは起こりません。

 

なぜ放置すると、共食いが起こるのか?自然なことなので防ぎようがないのか?と思われるかもしれませんが、そうではありません。

 

結論から言うと、カブトムシの幼虫の共食いは、飼育方法によって、ほぼ100%防ぐことは出来ます。

 

カブトムシの幼虫の共食いを防ぐ方法は以下のとおり。

  • 多頭飼いをしない
  • マットの衛生度を保つ
  • 放置せず、たまに様子をみる

これらのことを飼育の中で注意することで、カブトムシの共食いは防ぐことが出来るでしょう。

 

なぜこれらのことをするのか。そもそも共食いをする原因は何なのかを以下に順に説明していくので、ご覧ください。

 

また、おすすめ幼虫の育て方をこちらの記事「カブトムシ・幼虫の育て方」にまとめてあるので、そちらも飼育の参考にしてください。

 

共食いする理由と原因

カブトムシの幼虫が共食いする理由は、2つ思い浮かびます。

  • お腹がすいているから
  • 飼育ケースが狭いから

多くの場合は、これらの問題が、カブトムシの幼虫の共食いの原因となります。

 

飼育ケースが狭いから

大き目の、40cm×60cmくらいの飼育ケースで、大量の幼虫を繁殖させたことがあります。

 

土を掘れば幼虫がごろごろいて、子供も大興奮!宝探しをしているみたいで大喜びでした。

 

しかし、飼育ケースが狭いと、単純に、幼虫ちゃん1匹が使える面積が狭いんです…。

 

飼育ケースが狭すぎることは、カブトムシの幼虫のストレスにつながっているんじゃないかな~と感じたことがあります。

 

100均などの1番小さいSサイズケースで1匹ずつに飼っているほうが、幼虫がノンストレスで丈夫に育っていました。

 

とはいえ、多頭飼いの場合は、飼育ケースを1つにまとめて管理したほうが、断然手間隙が省かれます。

 

ついつい1つのケースでたくさん飼育したくなっちゃいますよね。

 

しかし幼虫同士が共食いして、たくさんいたはずの幼虫が、気付けば2匹…ってこともありえます。

 

そうならないためにも、ちょっと手間隙がかかっても、飼育ケースを分けて、スペースに余裕のある環境で飼育してあげることで、幼虫の共食いは大幅に防げるでしょう。

 

お腹がすいているから

そもそもなぜ、1つの飼育ケースに多頭飼いすることで、共食いが始まるのでしょうか。

 

上にはストレス…とかきました。もちろんストレスもあるかもしれませんが、もっとわかりやすい、生き物としての理由があるのです。

 

それは「お腹がすいているから」です。

 

キャラ

そりゃそうですよね、仲間を食べるくらいですから。

 

人間だって飢餓状態になると、共食いになるといわれています。

 

カブトムシの幼虫が生命の危機に、生き延びるためにやむを得ず共食いをしている現状って、よっぽどのことですよね。

 

ではなぜ、共食いするほどまでにお腹がすくのでしょうか。

 

飼育マットが汚れているから

カブトムシの幼虫の飼育に使う「飼育マット」って、腐葉土なんですよね。知っていましたか?

 

あの腐葉土、実は幼虫の「ベッド」の役割だけではなく、「エサ」の役割も果たしているんです。

 

つまり、幼虫は飼育ケースの中の土を食べて生きているんです。

 

一度でもカブトムシの幼虫を飼ったことのある方ならお分かりでしょうが、幼虫はエサである飼育マットの上にフンをします。

 

数週間ほうっておくと、飼育マットはフンだらけ。衛星度が格段に下がる上に、「エサ」としての腐葉土は減っています。

 

しかし茶色の飼育マットの中の茶色のフン。

 

初心者飼育者さんは、土の中にフンが充満しているとは気がつかないことがあるんですよね。

 

1ヶ月も飼育マットを交換せずに、フンまみれにしておくことで、カブトムシの幼虫はエサがない上にフンだらけの飼育環境でストレスもたまります。

 

そして始まるのが共食い…。

 

そうならないためにも、カブトムシの幼虫を育てているときの飼育マットの交換は、定期的に行いましょう。

 

カブトムシの幼虫の基本的な飼育方法は「カブトムシ・幼虫の育て方」で詳しく紹介しているので、あわせてご覧ください。

 

上記の記事でも紹介しているように、弱っている幼虫さんがいるときは、飼育ケースを移してあげるといいですよ。

 

飼育マットの交換方法

わたしの経験上、カブトムシの幼虫の共食いは、飼育マットの交換でほぼ、防ぐことが出来ます。

 

カブトムシの幼虫の詳しい飼育情報は「カブトムシ・幼虫の育て方」の記事でご確認いただくとして、こちらでは飼育マットの交換方法を詳しく紹介いたします。

 

飼育マットの交換の際に、いくつか注意点があるので、まずご覧ください。

 

  • 4~6・7月は1週間から10日に1度くらいの頻度で交換
  • マットは一度に半分だけ交換
  • 飼育マット交換のときに、カブトムシの幼虫に極力触れないようにする
  • 軍手を必ず着用して行う
  • マットの保湿もあわせて行う

 

4月以降のマット交換をまめに

冬の間のカブトムシの幼虫は、ほぼ放置でも大丈夫なことが多かったです。

 

冬の間は活動が鈍るせいか、飼育マットの中のフンの量も少なくすむのです。

 

暖かくなり、飼育マットをもりもり食べるようになってきたら、だいたい週に1度のマット交換を心がけましょう。

 

大きな飼育ケースで、少ない幼虫を飼育している場合は、もっと間隔をあけても大丈夫です。

 

逆もまた叱り。小さなケースにたくさんの幼虫を飼っている方は、1週間よりも早くマットを清潔に保たないと、フンだらけになりやすいのでご注意くださいね。

 

飼育マットの交換量に注意する

飼育マットの交換を頻繁にする!といった後でなんですが、飼育マットの「交換しすぎ」も避けるようお願いいたします。

 

カブトムシの幼虫は、飼育環境が変わることでストレスがたまります。

 

飼育マットの交換は1度に半分~3分の1程度にとどめましょう。

 

半分は、元の土を残してあげることで、飼育環境を大幅に変えずにすみます。

 

上述したように、小さな飼育ケースでたくさん飼っている場合は、フンをまめに取り除き、そのたびにとりのぞいたフンの分量だけ新しい飼育マットを足す感じでいいのではないでしょうか。

 

カブトムシの幼虫に触れるときの注意点

また、カブトムシの幼虫は体もふにゃふにゃで頼りない存在です。

 

それに対し、人間の手には驚くほど多くの雑菌が付いているといいますよね。

 

人間が直接出て触れてしまうと、人間の手の雑菌が、カブトムシの幼虫に移ってしまい、病気を起こす原因にもなりかねません。

 

そこで、飼育マットの交換時には、必ず軍手を着用することと、カブトムシの幼虫をケースから外に出すときなどは、スプーンなどで移動させることをおすすめします。

 

小さいお子さんなどは手で触りたがって、100%触れずにいることは難しいかもしれませんが、せめて大人だけでもケアしてあげましょうね。

 

マットの保湿もあわせて行う

カブトムシの幼虫の飼育マットは、適度に水分を補給してあげる必要があります。

 

しかし、水分を補給しすぎると、土の中で溺死してしまうことに。

 

適度な水分量の調整が必要になります。

 

飼育マットを手で触り、ぎゅーっと握ってくずれるか、くずれないかの湿り具合がベストです。

 

飼育初心者さんで水分調整がわからないという方は、霧吹きなどで土表面が乾燥したら、水分をまめに吹きかけてみてください。

 

まとめ

カブトムシの幼虫が共食いしないための飼育方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

また、幼虫の飼育マットの交換方法や交換時期、水分補給についてもお伝えしてきましたが、タイミングさえわかれば、それほどがんばってお世話をしなくても、共食いせずにすくすくと育ってくれるはずです!

 

詳しい飼育方法は「カブトムシ・幼虫の育て方」の記事をごらんくださいね。

 

無事に立派な成虫になるまで、幼虫飼育をがんばってください!

 


動物ドキュメンタリーを見るならHulu


月額固定料金で映像作品を
好きなだけ楽しめる
Huluはご存知ですか?

ドラマ・映画・アニメだけでなく、
動物ドキュメンタリーも充実!

以下のような、
動物ドキュメンタリーも視聴できます。
  • Animal Super Parents
  • 旭山動物園物語
  • もうひとつの動物園
  • Hidden Kingdoms
  • ホオジロザメ、宙を舞う
  • ガラパゴス
  • ブルー・プラネット


最初の2週間は無料視聴できるので、
ぜひお試ししてみてください。

無料視聴期間中に解約すれば、
完全無料です!

ですから、安心して
試してみてください。

無料お試しはコチラ