• サギの種類の見分け方は?
  • 鳴き声や田んぼ以外のポイントは?

川辺や田んぼでよく見かける、遠目から見たらツルと間違える鳥、何かわかりますか?

そう、「サギ」です。

一言で「サギ」といっても、種類はとても多く、見極めの付かないサギもたくさんいます。

 

また、サギとは違う種類の鳥だと思っていても、実はサギの仲間だったということもよくあります。

 

そんなこんなで、今回はサギの種類や見分け方、そして鳴き声などについて一緒に学んでいきましょう!

 

サギの種類の見分け方は?

サギはペリカン目サギ科に属する鳥で、とにかく種類が多いです。

 

内訳は、世界で65種類、そして国内で19種類ものサギが生息しています。

 

国内で見られるサギの種類

19種類の国内に生息しているサギは、それぞれの生活状況により、さらに3種類に分けることが出来ます。

  • 留鳥→一年中同じ場所で生活している鳥。
  • 冬鳥→越冬するために、寒くなってくると、日本に渡ってくる渡り鳥。
  • 夏鳥→繁殖のため、日本より南の国より、日本に渡ってきて、生活する鳥。

 

サギのいろいろな体型の違い

サギには本当に様々な種類があります。

例えば、

  • 長い首に長い脚、長いくちばしを持った、とてもスリムな体型をしている、まるでツルやコウノトリのようなサギ。
  • 短い首に短い脚、ずんぐりした体型のサギ。
  • 白い羽毛のサギ。
  • 灰色や黒、褐色などの色をしたサギ。
  • 季節により羽毛の色が変化するサギ。

などが生息し、植生や生活形態などの特徴も、サギにより全く違います。

 

国内で見られるサギの特徴

ダイサギ

シラサギと呼ばれるサギのうち、一番体が大きい種類で、国内では最大級です。

 

日本には寒さを避けるために、冬にわたってくる冬鳥で、脚や首がとても長く、

体全体を合わせると、約89cmほどの大きさがあります。

 

体毛は、オスメス共に白色をしており、口ばしの色は、

繁殖期は黒色をし、それ以外の時期は黄色です。

 

一番見分けやすいダイサギの特徴は、目の下の切れ込みが長く、

人間でいう「切れ長の眼」をしているところです。

 

チュウサギ

ダイサギよりは少し小柄ですが、羽毛はダイサギと同じようにオスメス共に白く、

くちばしの色も繁殖期とそれ以外で変化があります。

 

日本では夏鳥に属し、暖かくなってくると本州から九州までの広範囲で姿を見ることが出来ます。

 

ダイサギとの見分け方は、眼の切れ具合で、ダイサギは眼の後ろまで伸びているのに対し、

チュウサギは眼の真下くらいの位置で止まっているのが特徴です。

 

また、他の特徴としては、通常は眼先が黄色ですが、繁殖期には青緑色に変わるというものもあります。

 

コサギ

コサギの全長は約60cmほどで、チュウサギよりさらに小ぶりです。

ダイサギやチュウサギと同じように羽毛は白く、脚や首、口ばしも長いです。

 

コサギは本当にチュウサギとよく似ていますが、違う部分が三つあります。

それは、

  • チュウサギの脚の先は黒色に対し、コサギは一年中黄色である。
  • 繁殖期になると、オカメインコのような長い飾り羽が頭に現れる。
  • 繁殖期になると、背中の飾り羽の先端が巻き上がる。

です。

キャラ

シラサギは、「オオサギ」「チュウサギ」「コサギ」など、羽毛が白いサギの総称です。

 

ゴイサギ

いわゆる「シラサギ」とは全く正反対の姿をしたサギで、

脚の長さを除くと、まるでペンギンにも見えてしまうようなサギです。

 

ゴイサギは約59~65cmほどで、本州より南の地域では留鳥として、

また北海道では夏鳥に分類され、寒くなると南の方へ下りていく個体もいます。

 

シラサギに比べると、先ほども触れたように、首がとても短く、

体型もずんぐりむっくりで、サギの仲間にしては、脚も短くてがっしりしています。

 

羽毛の色は、背中の部分は黒っぽい緑色で、お腹の部分は白く、とてもサギとは思えない姿をしています。

 

ゴイサギの別名は「夜烏(よがらす)」と言います。

これは、夜行性でカラスのような声で鳴くことから、この呼び名が付きました。

 

ヨシゴイ

サギの仲間では小型のヨシゴイは、約36cmの体型をしています。

日本では夏によくみられるサギで、九州より北の河川や沼、水田などで生活します。

 

とてもユーモラスなことといえば、名前にも由来する「ヨシ」に扮する姿や、

エサを求めて歩く姿が挙げられます。

 

そして、体色や体型も「みょうが」に似ており、首が短いため、サギには見えませんが、

獲物に見つからないようにヨシに扮するときや、水中の魚を捕まえるときは、ビックリするくらい首が長く伸びます。

 

クロサギ

黒サギは、シロサギとは違い、れっきとした名称で、体長は約63cmあります。

何といっても、羽毛が黒く、海岸の岩場に単独、またはつがいで生活することが、他のサギとは違う特徴です。

 

サギの中では中型で、大きさはコサギと似ていますが、

脚は短く、体つきががっしりしているところがポイントです。

 

面白いことに、基本的にはクロサギは黒色をしていますが、

クロサギなのに白色をしている場合もあるため、一見シロサギに見える個体も存在します。

 

その時は、脚の長さや口ばしの長さ、そして体つきががっちりしているかどうかで比較すると、

クロサギとシロサギの区別がつきます。

 

アオサギ

アオサギは、普段は白い色をしていますが、繁殖期になると頭や首、肩の部分が亜麻色(薄いブラウン)に変わり、

眼先が一時的に赤くなる特徴を持っています。

 

また、他のサギのコロニーに交じって繁殖をしますが、エサを捕獲する場所は広く、

水辺のみならず牧草地などでもエサを取ります。

 

水辺では主に、魚やカエルなどを捕まえ、牧草地などでは、昆虫を捕獲します。

そんなアオサギの全長は約50cmで、サギの中では最小です。

 

日本では、暖かくなってきた5月頃に、繁殖のため渡ってくる夏鳥です。

 

ササゴイ

日本では暖かくなると本州や四国、九州にやってくる夏鳥で、

暖かい沖縄などでは越冬する個体もいることから、冬鳥に分類されます。

 

そんなササゴイの体長は約40~52cmで、体色はややブルーかかったグレー色をしており、

ずんぐりした体型をしているので、とてもサギの仲間には見えない姿です。

 

また、羽の縁が白く、ササの葉に似ていることから、「ササゴイ」という名前が付いたと言われています。

ササゴイのエサの取り方はとても珍しく、捕まえるときに「釣り」をします。

 

またその方法がとてもユニークで、近くにある小枝や葉をエサに見立て、

自分のエサとなる魚をおびき寄せるのに上手に利用します。

 

そして、近づいてきたところをササっと捕まえてしまいます。

 

このように、各サギごとに様々な特徴と、ユニークな面をもちあわせているなんて、とても面白いですよね!

 

サギの鳴き声や田んぼ以外のポイントは?

みなさんは、サギの鳴き声を知っていますか?

とても綺麗な姿をしているため、きっと姿に見合った声で鳴くに違いないと想像されている方も多いかもしれません。

 

サギの鳴き声

実はサギの鳴き声は、前半でも少し触れたように、

まるでカラスが鳴いているように「ギャーギャー」「グウェー」と鳴きます。

 

とてもじゃないけど、サギの姿からは想像できない声ですね。

まさにサギだけに「詐欺」なんて……

 

そして、くちばしを「カカカカカカ」と鳴らすときもあり、

まるで恐竜のいる太古の世界にタイムスリップしたようです。

 

そして、鳴き方はけたたましく鳴くため、とてもうるさく感じます。

まるでジェラシックパークの空飛ぶプテラノドンのようだと言われる方もいるくらいです。

 

サギの鳴く場所は?

そんな不気味とも思える声で鳴くサギは、田んぼ以外のポイントでは一体どこで声が聴けるのでしょう?

 

サギは、水のある場所ならどこでもいると言っても過言ではありません。

 

そして、日本に生息しているサギの多くが、「サギ山」と呼ばれるコロニーをつくって生活しています。

 

コロニーは、関東では竹林に多く、関西では落葉広葉樹林に多く形成されます。

キャラ

コロニーとは、サギの集団繁殖地のことで、通常は人間の住んでいる近くを好んで作りません。

 

しかし、最近ではサギのエサとなる魚やカエルが、

田んぼが減少しているために減り、その結果サギの数も減っているため、「サギ山」自体も減少傾向にあります。

 

サギのコロニーによる生活被害について

近頃、サギたちがコロニーを人間の住まいのそばに作り、生活被害をもたらしていることがニュースになりました。

 

では、どうしてサギたちは通常人間の住まい近くには作らないコロニーを、

わざわざ人間の住まいの近くにつくるようになったのでしょう?

 

それは、サギの住居であった里山などが宅地開発され、

巣に適した場所が少なくなったため、住宅地に近くに作らざるを得なくなったためです。

 

また、夜行性のゴイサギがいる場合は、夜間でも鳴くため、

結局24時間鳴きまくり、環境被害をもたらすことになります。

 

サギはコロニーに集まって生活するため、たくさんのフンも地面に落ち、暑い日や湿気の多い日は、

悪臭が発生するほか、親鳥が雛にエサを吐き戻して与えるときにこぼれ落ちたエサが腐り、悪臭を放つこともあります。

 

しかも、サギのフンの仕方は、飛びながら行うため、コロニー周辺の住宅では、

落ちてきたフンにより洗濯物などが汚れる被害が起こったりしています。

 

また、季節によれば、羽毛も周辺に飛ぶこともあり、周辺環境の悪化とともに、

人によっては不快に感じ、精神的ストレスに結び付く恐れがあります。

 

まとめ

サギは、通常の鳥とは違い、各種類により様々な特徴を持ち合わせています。

 

しかし、遠目で見ていたら美しく見えるサギでも、声はまるでカラスのようで、

コロニーを近所に作ったものなら、それは一大事。

 

鳥獣保護の観点からいえば、コロニーをつくれる場所を確保してあげることも考えなければなりませんね!

  • サギは世界で65種類、国内では19種類ある。
  • 国内で見られるサギは、「留鳥」「冬鳥」「夏鳥」に分けられる。
  • 一言でサギといっても、体型の違いがずいぶんある。
  • サギの鳴き声は、まるでカラスのようである。
  • サギは、水がある場所ならどこにでもいる。
  • サギの集団繁殖地のことを「コロニー」と呼ぶ。
  • サギは通常なら人間の住む付近にコロニーをつくることはないが、近頃はサギの住まいだった里山が宅地開発され、巣に適した場所がなくなったため、人の住んでいる場所にもコロニーをつくるようになった結果、様々な生活被害を起こす鳥になってしまった。

動物ドキュメンタリーを見るならHulu


月額固定料金で映像作品を
好きなだけ楽しめる
Huluはご存知ですか?

ドラマ・映画・アニメだけでなく、
動物ドキュメンタリーも充実!

以下のような、
動物ドキュメンタリーも視聴できます。
  • Animal Super Parents
  • 旭山動物園物語
  • もうひとつの動物園
  • Hidden Kingdoms
  • ホオジロザメ、宙を舞う
  • ガラパゴス
  • ブルー・プラネット


最初の2週間は無料視聴できるので、
ぜひお試ししてみてください。

無料視聴期間中に解約すれば、
完全無料です!

ですから、安心して
試してみてください。

無料お試しはコチラ