• 深海魚・デメニギスは脳がなぜ透明?
  • 捕食シーン&食べると味は?

デメニギスは、1939年に存在は確認されていたものの、透明な脳を確認されたのは2004年と比較的新しい。

写真公開されたのは2009年と、まだまだ研究が始まったばかり。

海底400~800mに生息するということで、生体はいまだなぞに包まれている点が多数ある生き物です。

 

デメニギスの最大の謎は何といっても「脳が透けてる」ってところではないでしょうか。

 

今日はその謎にせまってみました。

 

深海魚・デメニギスは脳がなぜ透明?

異様なこの生物に、目を奪われた方も多いでしょう。

 

2004年に、脳が透明に透けているデメニギスが発見されて以来、「なぜ脳が透明か?」という問題も研究されてきました。

 

大きな緑の双眼鏡

デメニギスの透けている脳の中に、ひときわ目立つ緑のドーム状の物体が二つありますよね。

 

実はあれ、デメニギスの目です。

 

デメニギスの目は脳の中にあるんです。

 

人間も目は脳と近い位置にあるため、デメニギスだけが不思議な形態、というわけでもないんですけどね。

 

「コクピットのような不思議な体!」と騒がれているけど、実は理にかなった普遍的な進化を遂げただけ。

 

キャラ

まぁ、見ての通り馬鹿でかい目でびっくりですよね。

 

目だけが異様に進化して大きくなるということは、そこにデメニギスの「生命力」に直結した理由があるということ。

 

つまりデメニギスは、生き延びるために目があのように大きくなければいけなかったということです。

 

獲物を捜索するための目

デメニギスの目は当然、獲物を探す目。

 

デメニギスの生息している深海600mくらいの海域の、ちょっと上の層に生きる小魚がターゲットと言われています。

 

デメニギスの食性についても、実は研究途中でよく知られていないんですけどね。

 

クダクラゲというクラゲから食物を盗んでるとも言われていますが、食事すべてが「盗み」によるものとは…ちょっと考えにくい?

 

2つの緑の大きな双眼鏡のような目で獲物をとらえたら、瞳は今度は前方に方向転換します。

 

獲物を探知し、捕獲するために、暗い深海で二つの大きな目は生き延びるための大切な進化。

 

なぜ脳が透明なの?

デメニギスの目が生き延びるために双眼鏡ほどの精度に進化したことを鑑みれば、脳が透明の理由もおのずと明らかになりますね。

 

双眼鏡ほどの精度の目は、泳ぎながら上方に向けられます。

 

獲物を見つけたら、今度は泳ぐ方向(前方)に向けられます。

 

大きな二つの眼球の、大掛かりなこの動きを守るために、目の水晶体部分もあわせて大きく進化する必要性が生じたのでしょう。

 

この2つの目がなければ、デメニギスは生きていくことが困難に。

 

全身が目を守るために進化した結果、脳…というより、眼球の前面の水晶体が額部分全域にまで発達したといえます。

 

つまり、透明部分は眼球を守るための水晶体が、広範囲に発達したのです。

 

脳が透明というより、水晶体が額全域を覆ったと言って良いのではないでしょうか。

 

この広範囲の水晶体によって、クラゲの毒や小さな魚の微々たる攻撃くらいからなら、瞳を守ることができます。

 

「目」のような鼻腔

ちなみにデメニギスの写真をパッと見ると、多くの人が「目だ」と勘違いする場所に鼻の穴があります。

 

どう見ても「目」にしか見えない場所にあるんですけどね。

 

デメニギスの目は、額の中の奥のほうの緑の2つのドームです。

 

見た目を気にしない深海魚ゆえの進化とはいえ、紛らわしすぎの鼻の穴の位置w

 

捕食シーン&食べると味は?

デメニギスは深海魚で、生体を入手することも困難です。

 

日本では、深海魚専門水族館の「沼津水族館」にいないかと探してみたけど、どうやら飼育されていません。

 

日本でのデメニギス飼育は、もうちょっと先になりそうですね。

キャラ

しんかい6500くんに期待しましょう。

アメリカのモントレー湾水族館というところが、世界でただ一つのデメニギス飼育に成功した水族館として有名です。

 

2009年には展示されたようですが、2018年現在は不明。

 

上の動画もモントレー湾水族館によるものなので、展示は不明でも飼育は継続しているかもしれませんね。

 

世界中のデメニギスファンはカリフォルニアのモントレーベイ水族館に大集合ですね。

 

捕獲困難な魚

デメニギスって、捕まえるのがとても難しい魚なんです。

 

深海400m以下の生息域って、潜水艦の世界なんですよ。

 

偶然、漁の網にひっかかることはあっても、網の強度にデメニギスの体が損傷し、脳が残ったまま捕獲されることは激レアらしいです。

 

なのでモントレー水族館のデメちゃんは、本当に珍しい捕獲例。

 

透明の脳が残ったままの生体なんです。

 

食べると味は?

ネット上でコレ系の質問が多かったので、一応お答えしますけども。

 

「デメニギス、食べるとどんな味?」って…。

 

デメニギスに関しては、味以前に調べるべきことが山ほどあるのに、食べてる場合でしょうか?

キャラ

ほんとに味、気になりますか?他に聞くことない?w

「食べてみたい!」という方のためにデメちゃんの味を調べたところ、調理例はほとんどありませんでした。

 

漁師の網に偶然たまに引っかかるだけの未知の生命体なので、当然です。

 

でも、味の予想は聞くまでもなく想像可能。

 

デメニギス⇒ニギス科の魚⇒キスと同じ味。

 

こんな感じで予想してみましょう。

 

きっと焼くと、キスの開きと同じ味がすることでしょう。

 

築地の深海魚を食べられるお店

ちなみに、東京の築地には、せりで売れ残ったメジャーじゃない珍しい魚を「もったいないから」と調理してくれるお店があります。

 

その名も「築地もったいないプロジェクト魚冶」。

  • 店名:築地もったいないプロジェクト魚冶
  • 住所:千代田区丸の内3-3-1進東京ビルB1
  • 営業時間
    :【月~金】ランチ11:00~14:30、ディナー17:30~23:30
    :【土】ディナー16:00~22:00
  • 定休日:日・祝
  • 最寄駅:有楽町
  • 参照URL:レッツエンジョイ東京

デメニギスの分布は、日本で言うと岩手以北くらいの太平洋。

 

築地から漁に出る海域なので、うっかり漁師の網に引っかかったデメニギスが、もしかするとこの店に出回っているかもしれません。

 

しかも上述したように、うっかりと網に引っかかったデメニギスは、ほとんどの場合脳が損傷しています。

 

キャラ

見た目もグロテスクなつぶれてしまった深海魚。

 

せりでも売れ残る可能性が高いですよね。

 

デメニギスの味に興味のある方はぜひ、築地に足を運んでみてください。

 

運がよければ味わえるでしょう。

 

キスに似た魚のから揚げとかが出てきたら、もしかするとデメちゃんかもしれませんよ。

 

デメニギス以外の透明の生き物

額がすけすけで、脳が見えちゃっている深海魚のデメニギス。

 

発見されたときは「なんて不思議な生き物だ!」と騒がれましたが、ちょっと待ってください。

 

よくよく考えると、クラゲだって透明ですよ。

>>ベニクラゲの寿命は永遠?不老不死って本当なの

 

こないだ「レプトケファルスで巨大な幼生」という記事で書いた、ウナギの子どもの頃の姿であるレプトケファルスだって透明。

 

レプトケファルスなんて、脳どころか体全体すっかすかの透明です。

 

海の中の「透明」は、デメニギスだけの専売特許じゃありません。

 

むしろレプトケファルスからみたデメニギスなんて「え?オマエ、脳だけ?」的な。

キャラ

半端な透明。

 

我々陸上の人間が認知していないだけで、深海はもしかすると、透明な生き物ワールドが広がっているかもしれませんよね。

 

地球で最初に生命体が誕生した海の中には、人間の思いもよらない姿をした生き物が、まだまだ見つかる可能性があるんです。

 

そんな夢を見させてくれるデメニギスはやっぱり、男のロマンを掻き立てる存在ですね。

 

まとめ

 

デメニギスのまとめ
  • 2004年に世界初、脳が損傷していないデメニギスが発見された。
  • デメニギスの透明な頭の中心には、緑色の大きな目がある。
  • 目を守るために、額すべてが水晶体として透明に進化したと考えられる。
  • デメニギスは深海400~800mの水域に生息。
  • 日本の水族館では飼育されていないが、カリフォルニアのモントレーベイ水族館に、2009年には観賞用に展示されていた。
  • デメニギスは「キス」の仲間なので、調理すると同等の味と思われる。
  • 築地もったいないプロジェクト魚治で、もしかすると食べられるかもしれない。

 

深海魚で、未知なる生命体への夢が広がった方はぜひ、カリフォルニアに足を運んでみてください。

 

「アメリカは遠いよ!」という方は、築地で食してみてください。

以下の記事もよく読まれています。


動物ドキュメンタリーを見るならHulu


月額固定料金で映像作品を
好きなだけ楽しめる
Huluはご存知ですか?

ドラマ・映画・アニメだけでなく、
動物ドキュメンタリーも充実!

以下のような、
動物ドキュメンタリーも視聴できます。
  • Animal Super Parents
  • 旭山動物園物語
  • もうひとつの動物園
  • Hidden Kingdoms
  • ホオジロザメ、宙を舞う
  • ガラパゴス
  • ブルー・プラネット


最初の2週間は無料視聴できるので、
ぜひお試ししてみてください。

無料視聴期間中に解約すれば、
完全無料です!

ですから、安心して
試してみてください。

無料お試しはコチラ