• ゴキブリ対策をアパート・マンションでする方法
  • 最強のスプレーの作り方!

暖かくなると活発に活動し始める、ほとんどの方が嫌いな、黒光りした生き物。

そう、ゴキブリ!

見つけたら早速退治しようにも、アパートやマンションなど共同で暮らしている場合、

少しためらってしまったことはありませんか?

 

今回は、そんなアパートやマンションでも可能なゴキブリ対策についてご紹介していきますね!

ゴキブリ対策をアパート・マンションで!

ゴキブリ対策 アパート マンション

マンションなどの高層ビルの上層階では、

あまりゴキブリに遭遇しないという話を聞いたことがありますが、

具体的に何階以上ならゴキブリは出ないのでしょう?

 

また、どうして上層階にはゴキブリが行けないかについても探ってみたいと思います。

 

ゴキブリがよく出る階層とは?

マンションやアパートでゴキブリにお目にかかる確率が低いのは、

3階以上だと言われています。

 

 

では、どうして3階以上の部屋だとゴキブリは出にくいのでしょう?

  • ゴキブリは意外に飛べなかった。
  • ゴキブリの好きなゴミ捨て場や排水口から遠い。

では、詳しく各項目について説明していきましょう!

 

ゴキブリは意外に飛べない

みなさんは、ゴキブリってよく飛ぶ生き物だという認識、ありませんか?

 

飛ぶのは飛ぶんですが、ゴキブリって、なんと上から下に滑走するようにしか飛べないんです。

 

下から上に飛ぶことは不可能なため、高い階層のお宅にお邪魔するなんてことができません。

 

せいぜい、うまく風に乗れたり、

ゴキブリの中でも運動神経の良いスーパーゴキブリでさえ、2階か3階止まりです。

 

ゴキブリの好きなゴミ捨て場や排水口から遠い

階層が上がれば上がるだけ、もちろんゴミ捨て場や排水口から遠くなり、

ゴキブリものぼってこれないため、遭遇することもほとんどありません。

 

なんと最上階に暮らしている人なんて、何年もゴキブリを見たことがないなんていう、

パラダイスのような話も実際あるくらいです。

 

ゴキブリに合わなくて済むなんて、うらやましいですよね!

 

ゴキブリが好むアパートやマンションの形態は?

ゴキブリ対策 アパート マンション

ゴキブリが好きなお家のイメージは、古民家のようなとても古いお家で、

昔ながらの木造建築、そして畳の部屋が多く、湿気がありそうなところです。

 

では、アパートやマンションで、

ゴキブリの好きそうな物件の特徴はどのようなことが考えられるのでしょう?

  • 自然豊かな場所に建っている
  • 窓の近くに電柱や木がある
  • 一階に食料を扱う店舗がある
  • 湿気がこもりやすい間取り
  • 下の階が空室

 

自然豊かな場所に建っている

マンションなどを探すとき、とてもポイントになる条件ですが、

同時にゴキブリも1~3階ならもれなくついてくると言っても過言ではありません。

 

ゴキブリは雑食のため、昆虫も大好物です。

ですから、公園などの緑が多いところに住みつき、

そこから家の中に侵入してくることも多々あります。

 

自然豊かなところに建っているマンションを…と思っている方でゴキブリは苦手という人は、

ぜひ上層階を選ぶことをオススメします!

 

窓の近くに電柱や木がある

窓から離れていたら大丈夫と安心しているあなた、それは時期尚早です。

 

というのも、先ほどもゴキブリの飛行についてお話ししましたが、

ゴキブリは上から下に滑走するように飛ぶでしたね!

 

ここで想像してみてください。

特に窓と接近していない木がある場合でも、

直接地面とつながっている高い木や電柱などがあれば、

それを伝って上の方まで上り、窓めがけてジャンプをして侵入されてしまうこともあります。

 

もし、あなたのお部屋がゴキブリにとって住み心地の良い環境なら、

公園からお部屋に引っ越してしまう可能性も高いです。

 

ですから、マンションやアパートに内見に行くときは、

是非お部屋の間取りや内装と併せて、窓の外の環境にも注意してくださいね!

 

一階に食料を扱う店舗がある

一階部分にコンビニや飲食店などの食料に関するお店が入っている場合は、

階数に関係なく、ゴキブリが出やすい環境です。

 

飲食店がある場合は常に食材や廃棄物の臭いがしており、

ゴキブリが大喜びして集まってくる環境が常に準備されている状況になるばかりではなく、

備蓄倉庫から運び込まれるときに、ダンボールにゴキブリの卵が付着して到着し、

ゴキブリが発生することも多々あります。

 

湿気がこもりやすい間取り

木造の古い建築物の特徴ですが、ネズミなどがかじった穴からゴキブリが入って来やすいばかりではなく、

ゴキブリの大好きな湿気がたくさんあります。

 

ゴキブリはジメジメしたところが大好きで、風通しが悪く、

湿気のこもりやすい環境はとても居心地の良い空間です。

 

湿気がこもりにくい間取り、そして、窓の配置をよく見極め、

部屋全体が空気の入れ替えをスムーズに行えるかどうかが最大のポイントとなります。

 

下の階が空室

意外に気づかないポイントだと思いますが、

下の階が長期間空き部屋になっていると、ゴキブリが出現する率が高くなります。

 

ゴキブリは、雑食で何でも食べます。

もちろん、ハウスダストまでご飯になってしまいます。

 

つまり、長期間人が住んでいないということは、

掃除も長期間されていないということになるので、

ハウスダストが溜まり、ゴキブリにとって最高の棲み処になっているということです。

 

そして、知らず知らずのうちに、あなたのお部屋にまで出張してくるというわけです。

 

アパートやマンションでゴキブリを寄せ付けない方法は?

ゴキブリ対策 アパート マンション

共同住宅でもある、アパートやマンション。

一部屋だけ「バルサン」を焚くなんていうこと、なかなかできませんよね。

 

そこで、アパートやマンションでも可能なゴキブリを寄せ付けない方法について少しご紹介したいと思います。

  • ハーブやアロマで寄せ付けない
  • ゴミ受けのネットは必需品
  • 換気扇やエアコン、シンク下は曲者
  • スキマは大敵!
  • 外でのお食事の後は気を付けて!

それでは、各項目について説明していきます。

 

ハーブやアロマで寄せ付けない

ハーブやアロマは、ゴキブリにとっては大嫌いな臭いです。

 

ですから、その特徴を逆手にとって、

ゴキブリの侵入経路(玄関やベランダなど)に設置してしまいましょう!

 

特に、ハーブ類はゴキブリのみならず、

その他の虫にも効果があるので、夏場の最強の味方です。

 

匂いだけでも効果があるのに、さらに最強の使い方があります。

その方法は、後ほどゆっくりご紹介しますね!

 

ゴミ受けのネットは必需品

排水管など、直接ゴキブリが這いあがってこれる場所は、

目の細かいゴミ受けやネットを取り付け、侵入を防ぐと効果的です。

 

中に水が溜まる排水管などは、なかなかゴキブリも侵入しづらいですが、

念のためにゴミ受けやネットをセットすることをオススメします。

 

換気扇やエアコン、シンク下は曲者

換気扇を24時間回し続けておくだけでもずいぶん違います。

 

換気扇の通気口は、屋外と直接つながっているため、

換気扇を動かしていないとどうしてもゴキブリが入って来やすい環境になってしまいます。

 

しかも、ゴキブリの大好きな臭いも換気扇にはこびりついているため、こまめな掃除も必須です。

 

また、換気扇を回すことが難しい状況の方は、

換気扇用の網タイプのフィルターをつけることをオススメします。

 

ゴキブリはなんと、3㎜ほどの隙間でも余裕で通ってしまうため、柵タイプは止めておいた方が無難です。

 

換気扇以外でも、エアコンを運転させていない時期に、

室外機から排水ホースをつたって侵入することもあります。

 

そのため、エアコンを使わない時期は、室外機にはカバーをかけ、

放水ホースの先は排水口ネットやいらなくなったストッキングなどを利用して、

輪ゴムで止めておくと、ゴキブリの侵入を防ぐことが出来ます。

 

また、シンク下の配管やエアコンのホースの通し穴は、

通常「パテ」と呼ばれる粘土で穴をふさいでありますが、

これは年数が経過するとどうしても劣化し、ひび割れが出来てしまいます。

 

そのひび割れからゴキブリは余裕で侵入してくるため、パテを付け替える必要があります。

 

キャラ

パテは、ホームセンターで売っているので、業者に頼まなくても気軽に出来ますよ!

 

スキマは大敵!

先ほどもご説明したように、ゴキブリはわずか3㎜の隙間があれば余裕で侵入してきます。

家にあるわずかな隙間や、引っ越しで使ったダンボールについてくることも良くある話です。

 

もし、少しでも節約しようと、スーパーなどでもらってきたダンボールを使って引っ越しをする時などは、

特に早急にダンボールを処分してしまうほうが良いです。

 

というのも、スーパーなどのダンボールは、保存状態が決して良いと言えるものではなく、

ゴキブリが卵を産み付けてしまっている可能性も高く、

そうなると丁度引っ越して新居に到着したとたん、

卵が孵化し始めたなんて言う非常事態になりかねません。

 

外でのお食事の後は気を付けて!

外出先でカバンを床に置くことがあった時などは、注意をする必要があります。

知らず知らずのうちに、カバンの中にゴキブリが入り込んでいるなんて言うこともあり得ます。

 

また、床に直接置かないまでも、お食事をする時に、足元のかごに入れることはよくあると思います。

そのようなときは特にお部屋に入る前に、カバンの中を一度チェックする習慣をつけるようにすると、

家の中にゴキブリを持ち込まなくて済みます。

 

一度ゴキブリを家の中に招待してしまうと、仲間が短時間の間に集まり、

しかも短時間で繁殖してしまうので、是非気を付けたいところです。

 

ゴキブリ退治の最強スプレーの作り方

ゴキブリ対策 アパート マンション

ゴキブリを退治するグッズは様々なものが販売されています。

では、市販されているグッズからご紹介してみましょう!

 

潜んでいるゴキブリを退治するグッズ

  • ゴキブリホイホイ
  • ゴキファイタープロ
  • ブラックキャップ

ゴキブリホイホイは、薬用成分を使わず、ゴキブリを臭いでおびき寄せ、

強力接着剤でくっつけて取るというタイプなので、

ペットを飼っているお宅でも、安全に使うことが出来ます。

 

その他のゴキファイタープロとブラックキャップは、

殺虫効果がある薬剤で作られているため、即効性はありますが、

ペットを飼っているお宅ではあまりおススメはできません。

 

出てきたゴキブリを退治するグッズ

  • ゴキジェットプロ
  • ゴキブリダブルジェット
  • ゴキブリがいなくなるスプレー
  • ゴキブリ凍止ジェット

アース製薬から発売されている「ゴキジェットプロ」はとても即効性があり、

即退治できますが、駆除剤なので毒成分がとても高く、

ペットを飼っているお宅には不向きです。

 

ママキラーから発売されている「ゴキブリダブルジェット」は、

少しお値段も高いですが、その分他の噴射型の駆除剤とは比べ物にならないくらい噴射口が広く、

広範囲を網羅してくれるので、退治したいゴキブリを逃す可能性が低く、とても使い勝手がいいです。

 

同じく、ママキラーから発売されている、「ゴキブリ凍止ジェット」は、

ゴキブリを凍らして駆除するというものです。

 

凍えさせる商品全般的に言えることは、遠慮せずに思いっきり吹きかけないと、

ゴキブリの動きを止められないということです。

 

ゆったり吹きかけてしまうと、凍えさせる成分がゴキブリにかからずに、動きを止めることすらも不可能です…

 

それにくらべ、キンチョーの「ゴキブリがいなくなるスプレー」は使い勝手、

効果ともにバッチリで、重宝しています。

 

こちらは、玄関の扉のレールなど、外と家の中の間にある部分に直接かけておくと、

ゴキブリが侵入しない他、ゴキブリが出現した時には直接吹きかけると駆除できます。

 

ですが、殺虫効果があるため、ペットがいるところでは使わないでくださいね!

 

ハーブを使ったゴキブリ退治、最強スプレーとは

ゴキブリなどの虫を寄せ付けない方法として、ハーブやアロマを使う方法は、

すでにご紹介しましたが、ここではさらに強力に寄せ付けないためのある方法をお知らせしたいと思います。

 

ハーブ類の中でも特に虫よけ効果が高いもの

ハーブにはとてもたくさんの種類があります。

その中でも特に虫よけ効果に有効な種類をまとめます。

  • ペパーミント
  • ハッカ
  • バジル
  • ラベンダー
  • ローズマリー
  • ペニーロイヤルミント

こちらの代表的なハーブは、そのまま設置してももちろん効果がありますが、

より効果を出したいときは、ハーブの葉を煮詰め、ハーブエキスを抽出し、

それをスプレーなどに詰めて、網戸などに吹きかけるとより効果があります。

 

ハーブを煮詰めて作った自作のスプレーは、「天然成分」で出来ているため、

小さいお子さんやペットにも安心な上、もし肌にかかってしまったとしても安心です。

 

しかも、ハーブはお料理にも使えますし、お庭にプランターで簡単に栽培することも出来ます。

 

天然ハーブスプレーの作り方

ローズマリー

用意するもの:

ローズマリー、レモン1個、スプレータイプのボトル

 

作り方:

  1. レモンを薄くスライスし、ローズマリーも細かく刻んでおく。
  2. スライスしたレモンと細かく刻んだローズマリーを熱湯200mlとともにひと煮立ちさせる。
  3. 粗熱をとり、冷蔵庫で一晩冷やす。
  4. スプレーボトルに入れたら完成!

 

ペパーミント

用意するもの:

ペパーミント、アルコール(ウォッカ・焼酎・リカーなど)、スプレータイプのボトル、蓋つきの鍋

 

作り方:

  1. 蓋つきの鍋にミントの葉と茎をつめこみ、葉がひたひたになるくらい、ホワイトリカーや焼酎などのアルコールを入れる。
  2. 定期的に上下に振りながら混ぜ、冷暗所で1~3週間ほど寝かせる。
  3. 使う時はスプレーの容器に入れてスプレーするか、もしアルコールをきつく感じるようなら、水で薄めてスプレーする。
  4. アルコールを肌につける場合は、必ずパッチテストをし、安全を確認してから使う。

 

まとめ

アパートやマンションでのゴキブリ対策、そして天然ハーブの最強の虫よけの作り方についてご紹介しました。

 

ぜひ、最強の虫よけスプレー、試してみてくださいね!

  • 基本的に、ゴキブリは4階以上が苦手である。
  • ゴキブリは、上から下に滑走するようにしか飛べない。
  • ゴキブリは、湿気の多いところやハウスダストのある所、食べ物の残りがあるところを好んで寄ってくる。
  • ゴキブリは、3㎜ほどの隙間があれば、どこからでも侵入する。
  • ゴキブリなどの虫は、ハーブやアロマの匂いが嫌い。
  • ゴキブリは、ダンボールが大好きなので、よくダンボールに卵を産み付け、うっかりしていると引っ越し先でゴキブリが繁殖してしまうことも多々ある。
  • ゴキブリは、ただでもハーブが苦手だが、煮詰めたり、アルコールに漬け込んだりすることで、天然の虫よけを作ることができ、それが効果絶大である。

動物ドキュメンタリーを見るならHulu


月額固定料金で映像作品を
好きなだけ楽しめる
Huluはご存知ですか?

ドラマ・映画・アニメだけでなく、
動物ドキュメンタリーも充実!

以下のような、
動物ドキュメンタリーも視聴できます。
  • Animal Super Parents
  • 旭山動物園物語
  • もうひとつの動物園
  • Hidden Kingdoms
  • ホオジロザメ、宙を舞う
  • ガラパゴス
  • ブルー・プラネット


最初の2週間は無料視聴できるので、
ぜひお試ししてみてください。

無料視聴期間中に解約すれば、
完全無料です!

ですから、安心して
試してみてください。

無料お試しはコチラ