• メダカの水槽をオシャレにするなら?
  • 水槽はガラスがおしゃれ?

メダカの水槽は飼い主さん次第でいくらでもかわいくオシャレに彩ることができます。

初心者飼い主さんでも簡単に取り入れることができる、上級者の装飾テクニックなどを以下にまとめていきます。

 

ぜひ、これを機会にレイアウトを見直してみてはいかがでしょうか?

 

メダカの水槽をオシャレにすると、家の中のインテリアとしてもいっそう映えます。

>>メダカの水槽をレイアウトする方法

 

メダカの水槽をオシャレにするなら?

メダカ 水槽 オシャレ

今あるメダカの水槽をご覧ください。

 

なんだか殺風景で、「中身スカスカ」感があるでしょうか?

 

オシャレに家の雰囲気を「海」や「水中」っぽくアレンジしつつ、メダカにとっても住みよい環境を作るためにどうすればいいのか。

 

幾つかの方法を紹介いたしますね。

 

水草で水槽を豪勢に!

水草は、メダカの水槽内をとても豪華に彩ってくれます!

 

しかし気をつけないと、水槽内の視界を悪くし、うっそうとした雰囲気におちいることも。

 

水草で水槽を彩るときには、水草が増えすぎないように注意する必要があります。

 

底砂や岩やサンゴ・その他モチーフとのバランスを考えて、上手にお好みの水草を取り入れてみましょう。

 

水草に関しては、以下の記事でも簡単に触れているので参考にしてください。

>>メダカの水槽をレイアウト!水草の種類別特徴も解説

 

ウォータースプライト

よく育ち、初心者でも簡単に水槽内に取り入れられるとして有名な水草・ウォータースプライト。

 

しかし、ウォータースプライトを購入するときには注意すべき点が1つあります。

 

この注意点を守らなければ、水中でウォータースプライトがなかなか育たず困る自体になるでしょう!

 

それは「完全水中葉」のウォータースプライトを購入することです。

 

ウォータースプライトには2種あり、「完全水中葉」と「水上葉」にわかれます。

 

ペットショップやホームセンターには、大量繁殖された水上葉のウォータースプライトが販売されていることがあります。

 

しかし水上葉のウォータースプライトを、メダカの水槽の中に入れても育ちません。消滅するようになくなってしまいます。

 

メダカの水槽にウォータースプライトを入れておしゃれに彩りたいときは、必ず「水中葉」のものを買うようにしてくださいね。

 

ウィローモス

メダカに限らず、水槽内のレイアウトに大活躍するのがウィローモス。

 

初心者でも簡単に管理でき、水槽内でも簡単に繁殖します。

 

岩や砂などに定着させてもよく育ちますが、水中に沈めておくだけでも繁殖するからおどろきです。

 

かなりの生命力なので、よほどのことがない限り、枯らすことにはなりません。

 

ウィローモスのいいところは、流木や石に定着して、年月とともに水槽内に風合いを出してくれるところ。

 

石の表面が徐々にみどりの苔に侵食されることで、水槽が歴史観ただようオシャレな雰囲気になるんです!

 

また、産卵が苦手なだるまメダカも、ウィローモスを産卵床とすることで、繁殖が容易になるという利点も。

>>メダカの産卵床を自作する方法

 

まだ試したことのない方はぜひ、メダカ飼育に最適なウィローモスをお試しください!

 

バリスネリア

背が高くてテープ状に生えるパリスネリアは、メダカの水槽の中に混合レイアウトとして配置すると、立体的に映えます。

 

初心者でも比較的簡単に飼育でき、子株を増やすことができるため、レイアウトにと取り入れる人は多いです。

 

しかし調子に乗って水槽に入れすぎると、水槽内がうっそうとした雰囲気になってしまうので、量の調整が大切です。

 

子株が増えて、水槽内の景観が思わしくなくなったときは、定期的に間引くといいでしょう。

 

配置と量さえベストならば水槽内はとてもオシャレになります。

 

センスに自信のある方は、ぜひ他の水草と複合させて取り入れてみてください!

 

カボンバ

古くから日本では「金魚藻」と呼ばれ、金魚やメダカ飼育の水槽に入れられてきたカボンバ。

 

日本に歴史のある水草だけあって、どこか風情がある「松の木」っぽい水草です。

 

他の洋風な姿をした水草と複合的に配置すると、和洋入り乱れた忙しい水槽に仕上がってしまいそうです。

 

ですから、できることなら「和風」と決めた水槽に、計算して配置したほうがいいでしょう。

 

色の濃い流木に砂とカボンバを入れて配置すると、水槽の中は風情のある「日本庭園」のような雰囲気が出来上がっておすすめです。

 

カボンバが、古くからメダカ飼育の水槽として親しまれてきたのには、もう一つわけがあります。

 

それはカボンバの密生した葉が、メダカの産卵床に最適ということ。

>>メダカが産卵する時期や時間帯

 

産卵させるつもりのメダカの水槽にカボンバを入れてあげると、卵の孵化率が上がるかもしれませんよ。

 

アナカリス

水中に浮かべているだけでもよく育ちますが、底砂に定着させてレイアウトを彩る助けにもなるアナカリス。

 

古くからメダカ飼育の水槽によく使われていますが、実は日本古来の水草ではなく外来種であることが多いのです。

 

そのため、メダカの水槽に入れる前に、十分に洗って殺菌させる必要があります。

 

このひと手間を怠ると、メダカ水槽の中に寄生虫やスネールが蔓延することもあるため、めんどくさがらずにやりましょう。

 

それだけの手間をかける価値はあり、水槽内は調和の取れた素敵な雰囲気に仕上がります。

 

風情のある底砂を

水槽の底辺を彩る底砂。

 

一見ただの砂ですが、底砂の色やサイズを工夫することで、水槽内のレイアウトは見違えるほど際立ちます。

 

とはいえ、見た目だけでなく、水質に与える影響などを見て、底砂を決めていく必要があります。

 

メダカの水槽内の底砂の選び方は以下の通りです。

 

  • 中性の水質にする砂
  • ろ過バクテリアの居住量が多いもの

そのほかに、水草を水槽内で飼育したい場合は、水草の飼育に適した底砂を選ぶ必要があります。

 

水草は種類によって、砂がなくとも水だけで繁殖するため、そこまで気にする必要はありませんが。

 

メダカが好む水質は中性。

 

しかしサンゴはアルカリ性。ソイルは弱酸性に水質をかたむけます。

 

色々複合的に入れて調和の取れた水質になれば問題ありませんが、水質が安定するまでは注意してみましょう。

 

水質のチェックには、水質チェック紙などを使います。

 

これらを踏まえると、メダカの水槽内に入れる底砂は「砂利」か「セラミック」がおすすめ。

 

砂利は色鮮やかなものもあり、水槽内をにぎやかに彩ります。もっとも一般的で使いやすい底砂と言えるでしょう。

 

一方で人気の高いのはセラミックの底砂。

 

砂利よりもずっと大きな塊にまとめてあるため、セラミックは水槽掃除の際に洗うことができます。

 

粒の一つ一つが大きいため、水槽内レイアウトが、砂利に比べるとグッとデザイン性を増すんですよね。

 

底砂が砂利ばかりで飽きてしまった方はぜひ、オールマイティーのセラミックの底砂をお試しください!

 

混泳で平和な水槽に

メダカの水槽には、メダカしか飼わない!という方も多いのですが、水槽をオシャレに彩りたい場合は、混泳もおすすめです。

 

と言っても、色とりどりの熱帯魚などとの混泳はおすすめできません。

 

メダカはサイズも小さく、体形もスリム。

 

たいていの魚の捕食対象になってしまうからです。

 

一見相性の良さそうな金魚ですら、成長して体が大きくなったら簡単にメダカを食べてしまいます。

 

「じゃあメダカと混泳させられる魚は?」と思いますよね。

キャラ

それはメダカです。

 

メダカにも数種類あり、他のメダカと種類を組み合わせることで、水槽内に彩りが増えます。

 

一般的なヒメダカのほかの種類は以下をご覧ください。

名前体長分布エサ水質
ハイフィンプラティ4cm改良品種人工飼料、冷凍アカムシ中性
アフリカンランプアイ3.5cmアフリカ人工飼料弱酸性
グッピー4~5cm改良品種人工飼料、冷凍アカムシ中性
オリジアス・ウォウォラエ4cm東南アジア人工飼料中性

これらすべてがヒメダカと混泳できるわけではありません。

 

種類や、個体の性質によっても混泳の難易度が変わるため、飼うときにショップ定員さんに相談して決めるといいでしょう。

 

また、愛称がいいとされる魚同士でも、稀に喧嘩することもあるため、しばらくは様子を見る期間をもうけて、注意してチェックしてくださいね。

 

苔掃除も彩りに

メダカの水槽で混泳させるのは、なにも魚に限りません。

 

むしろ魚よりも、エビやコリドラスのような「水槽掃除」に活躍してくれる生物がおすすめです。

 

メダカは水槽中部から上部での活動。

 

エビは水壁や水草の中。

 

コリドラスは水底。

 

このように、生息域の違う種類を混泳させることで、目にも楽しむことができるようになります。

 

コリドラスは水槽内の苔を食べてくれるし、エビも食べ残しを食べて水質を保つために大活躍。

 

メダカ飼育でこの2種や貝類を、水槽内に入れている人は多いですよね。

 

サンゴ礁の雰囲気のライブロック

メダカの水槽内に「ライブロック」を入れていますか?

 

水中の酸素濃度を保つために、エアレーションという「ぶくぶく」するやつを入れている方は多いと思います。

 

しかしエアレーションは…ちょっと景観を損ないますよね。

 

キャラ

ちょっとではなく、かなり損なう場合もあります。

 

エアレーションは、海や川の中には本来ないものですから、できることなら入れたくないって人もいます。

 

そんなときにおすすめなのが、ライブロックです。

 

ライブロックとは、サンゴなどの骨格を元にした岩のことを指します。

 

磯などでよく見かけるような、一見平凡な岩なのだけど、5,000円などと高値で売られています。

 

それもそのはず。このライブロックは自然のろ過バクテリアが豊富に付着しているんです!

 

つまり、コレを水槽内に入れておけば、ろ過装置と同じ役割を果たしてくれるということ。

 

ライブロックのみためは、サンゴの骨格に赤っぽい藻がたくさん付着したもの。

 

ライブロックのよしあしの見分け方は、詳しくはペットショップのスタッフさんなどに聞くといいでしょう。

 

ライブロックの注意すべき点は、「ライブロックは海のものである」ということ!

 

一方でメダカは川の生物。淡水で生きる生き物ですよね。

 

ライブロックを始め、海水魚用の水槽でも、耐性の高いメダカは生きることができます。

 

もちろん急に海水にほうりこんではいけませんが、徐々に慣らしてあげることで、メダカも海水飼育が可能です。

 

メダカを薄い海水や、他の海水魚と混泳させる場合には、ライブロックもレイアウトとして、またろ過素材として大活躍してくれるでしょう!

 

しかし淡水で飼育する場合に、ライブロックは向かないこともあります。

 

ライブロックに付着している、ろ過機能のある生き物が、淡水で生きられないかもしれないからです。

 

ライブロックでのレイアウト装飾は、海水のときに限ると、覚えておいてくださいね。

 

水槽はガラスがおしゃれ?

メダカ 水槽 オシャレ

メダカを飼う水槽の材質は、どのように決めるべきでしょうか。

 

大まかにわけると「アクリル製水槽」と「ガラス製水槽」があり、おき場所やサイズ・好みや価格によって買いわけをすることになります。

 

そこで、アクリル製とガラス製の水槽のメリットデメリットをまとめ、どちらがより、メダカの水槽に向いているかを考えていきましょう。

 

アクリル水槽のメリット・デメリット

メリット

アクリル製の水槽は、まず第一にとても軽い!

 

水槽の大きさが大きければ大きいほど、中に水や魚・レイアウト品を入れると、総質量はとても重たくなりますよね。

 

メダカの水槽を置く場所の耐久性にも限りがあるため、大きな水槽でメダカ飼育をする場合は、軽いアクリル製の水槽を選ぶ人が多いです。

 

またアクリル製の水槽は、衝撃に強くわれにくいというメリットがあります。

 

重い水槽は床置きにする人も多いのですが、地震災害のときなどに壊滅してしまうこともあります。

 

地震が多い地域にお住まいの方は、耐久性が強く、軽いアクリル製の水槽を選ぶケースが多いようです。

 

更にアクリル水槽には大きなメリットがあります。

 

それは「加工しやすい」ということ。アクリルの持つ特性ゆえに、水槽の形の自由度が、非常に高いんです!

 

同じ長方形でも、角が丸く加工してあるなど、ちょっとアレンジで、メダカの水槽がとてもおしゃれなインテリアに早変わり!

 

水槽の形に遊びを取り入れたい方は、アクリル水槽を選ぶといいでしょう。

 

デメリット

アクリル水槽のデメリットは、透明度が落ちやすいことです。

 

水槽内のレイアウトのサンゴや岩がちょっとこすれただけでも傷に残りやすく、年月が経過するごとに、少しずつ透明感を失います。

 

ガラスのようにいつまでもクリアーというわけにも行かないので、数年単位での買い替えが視野に入ってきますね。

 

ガラスの水槽のメリット・デメリット

メリット

透明度が損なわれやすいアクリル水槽に比べると、ガラスの水槽の透明度は抜群です!

 

掃除をしたら曇りガラスも一気にきれいになるので、中の魚を観察するのにも適していますね。

 

中に入れたレイアウトの岩などがこすれても傷がつきにくく、透明度を保つことができます。

 

デメリット

言うまでもなく、ガラスの水槽はとても重いです。

 

そこに更に水とレイアウト装飾を入れるとなると、重さも相当なものとなります。

 

水槽を支える専用の、耐久性の高い台の上か、もしくは床置きが必至。

 

更に、地震などの災害時には、ガラスはアクリルに比べると、圧倒的に割れやすいです。

 

それでもなお、アクリルよりもはるかにガラス支持者が多いのは、透明度や耐久性以外にも魅力があるからでしょう。

 

それは、水の中と現実世界を隔てるのにふさわしい、ガラスという有機質の持つ温かみなのかもしれません。

 

まとめ

  • メダカの水槽をオシャレにするためには水草が一番!
  • 砂利かセラミックの底砂もおすすめ!
  • メダカ同士の別の種類の混泳で彩り豊かに。
  • エビやコリドラスとも混泳可能。
  • 海水飼育ならば、ライブロックもレイアウトをあでやかにしてくれる。
  • 水槽は、軽くて割れにくいが曇りやすいアクリル製か、透明度が高いが重いガラス製か。

メダカの水槽は、家の外で発泡スチロールでも作成可能。

 

一方で、家の中でインテリアの一環として部屋を彩る質の高いレイアウトを施すことも可能。

 

自由度の高いメダカの水槽を、ぜひ自分なりにアレンジして楽しんでみてください。

以下の記事もよく読まれています。


動物ドキュメンタリーを見るならHulu


月額固定料金で映像作品を
好きなだけ楽しめる
Huluはご存知ですか?

ドラマ・映画・アニメだけでなく、
動物ドキュメンタリーも充実!

以下のような、
動物ドキュメンタリーも視聴できます。
  • Animal Super Parents
  • 旭山動物園物語
  • もうひとつの動物園
  • Hidden Kingdoms
  • ホオジロザメ、宙を舞う
  • ガラパゴス
  • ブルー・プラネット


最初の2週間は無料視聴できるので、
ぜひお試ししてみてください。

無料視聴期間中に解約すれば、
完全無料です!

ですから、安心して
試してみてください。

無料お試しはコチラ