• メダカの冬越しには発泡スチロール&蓋?
  • 屋外ならビニールハウス?

みなさんは、メダカを飼ったことがありますか?

とても小さい身体なのに、とても速く泳ぎます。

そして一年たつと、とても大きく成長している姿を私たちに見せてくれます。

最近では金魚すくいならぬメダカすくいとして、お祭りなどの夜店に並んでいたりしますが、速すぎてすくえたものではありません。

 

今回は、そんなメダカのおススメできる冬越しの方法のアレコレについて書いていきたいと思います。

 

以下をご覧になり、メダカの冬越しに供えて準備を進めてください!

メダカの冬越しには発泡スチロール&蓋?

メダカは寒さに弱い生き物です。自然下のメダカは泥の中に身を隠して冬を越します。

 

水槽の場合でも、底にドロを敷いている場合は、泥のなかに潜り込んだりして冬を越しますが、そうでない場合は、工夫をしてあげないといけません。

 

ベテラン飼育者さんは、メダカの冬越しに発泡スチロール&蓋を推奨しますが、その理由と効果が気になるところですよね。また、発泡スチロールをどのようにセットすればいいのかも、わかりません。

 

そこで今回は、メダカの冬越しに「発泡スチロールと蓋」が最適である理由と、飼育方法について紹介していくので、以下をぜひ、参考にしてください。

 

そもそも冬越しとは?

冬越しとは、言い換えると越冬のことで、温帯に住んでいる動物が行う自然現象のことです。

 

気温が低下する冬を乗り越えられるかは、その生物がその地域で生き延びられるかを判断する上で、とても重要なカギとなります。

 

メダカは水底深く沈み、泥の中や落ち葉の間に身を隠し、冬を越します。

キャラ

泥の中はわりと暖かく、冬を越すにはちょうど適した環境なのです。

なんと、メダカも寒い冬の間は冬眠状態になっています。

 

一見、じっとして動いていないように見えても、実はエラやヒレは微妙に動いており、生きているかどうかを確認することができます。

 

冬眠中は餌を食べずに春を待ちますが、体力のない弱い個体は力尽きてしまうことも多くあります。

 

冬越しの飼育と普段の飼育の違いは?

冬を越すときの飼育方法とそれ以外のシーズンの飼育方法の違いは、どこを気をつければよいのでしょう?

 

冬越しのメダカ飼育の注意点!

まず、いくら低温に強いメダカとはいえ、凍りづけになっては命はありません。

 

必ず、すべての水が凍らないよう、ある程度の水深と水量のある飼育容器が必要になってきます。

 

もし、外で飼育していたとしても、上記の飼育容器を使っていると、水面の表面は凍ったとしても、水底は凍らないので、メダカはじっとして生きておれます。

キャラ

でも、注意点が2点あります。

それは冬眠中のメダカに刺激を与えないことと、日中の暖かいときにフラッとメダカが水面に浮いてきても、餌を与えないことです。

 

まず、刺激を与えない理由は、メダカは越冬期には普段以上に敏感になっており、少しの刺激でもびっくりして死んでしまうことがあるからです。

 

また、暖かい時間に姿を見せてくれて、うれしく思い餌を与えるのもNG。

 

暖かい時間帯がすぎると、再びすぐに冬眠に戻ります。つまり、冬眠中ゆえに内蔵機能が低下していて、エサを食べると消化不良を起こしやすくなるのです。

 

また、エサの残りなどで水質も悪化し、メダカが住むのには悪い環境になってしまいます。

 

中には、冬にも水槽の水を変えたいという優しい気持ちを持つ人もいると思いますが、水替えは極力避けるようにし、もし減ってしまっている場合は、足し水だけにしましょう。

 

くれぐれも、体力が落ちた冬眠中のメダカに刺激を与えたり、動かしたりしないように気をつけてくださいね!

 

通常時のメダカ飼育方法

メダカの飼育に使用する容器として、睡蓮鉢やガラス水槽、プラスチック容器、発泡スチロールなどが挙げられます。

 

睡蓮鉢や発泡スチロールなどは、外気の影響を受けにくく、水温の変化も緩やかなため、屋外飼育にはとても適した容器といえます。

 

また、底砂は水槽を綺麗に演出するばかりではなく、バクテリアなどの微生物の棲み処となり、綺麗な水を保つのに一役も二役もかってくれます!

 

バクテリアなどの微生物は、メダカの排せつ物や食べ残しなどの有機物を分解し、メダカの住みやすい環境を整えてくれます。

 

メダカを飼育する上で、一番カギとなるのが水質です。

 

水道水をそのまま入れると、塩素が入ってしまい、メダカにとって良くない環境になってしまうので、1~2日汲み置きした水を使います。

 

汲み置きしておくと、自然に水中から塩素が抜け、メダカにとってとてもうれしい水になります。

 

毎回作るのが大変な場合は、まとめて汲み置き水を常にためるようにすると、水温も気温と同じくらいになり、メダカにとってショックの少ない水が出来上がります。

 

メダカの飼育の水換えについては「メダカ・稚魚の水換えする方法は?」の記事でも詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

 

また、メダカは日光が大好きです。

 

日光に当たることにより、丈夫なメダカが育ち、健康な状態を保つことができます。

 

紫外線には、動物が成長したり生きていく上でとても大切な光線が含まれており、その光に当たることにより、ビタミンA・Dが作られ、元気に成長します。

キャラ

屋内で日光に当てるのが難しい場合は、蛍光灯の使用がおすすめです。

 

冬越しのために準備するもの

秋に入りかけたころに、今までの容器から冬仕様の容器に換えることが大切です。

 

おすすめしたいのは、断熱性のある飼育容器(発泡スチロール)で容量の大きいもの。

 

風が直接当たらずに日当たりの良い場所における大きさのものがおすすめです。

 

また、寒さが厳しい地方では、雪や霜よけの夜間用の蓋も必要です。

 

水槽が複数ある場合は、隙間をなくしてくっつけてしまうのもポイントの一つです。水槽同士をくっつけておくことにより、水温の低下が緩やかになり、メダカにも優しい環境づくりができます。

 

必要なことは、常にメダカの体調を観察し、その時々にあった飼育環境をメダカに提供してあげることです。

 

発泡スチロールと蓋がおすすめ!

冬越しのために作った発泡スチロールの蓋が、実は1年中大活躍ということは良くある話です。

 

屋外飼育の場合、蓋を作っておくと、梅雨時や台風時の大雨の時の雨水の流入を防いでくれるのです。

 

発泡スチロールの入れ物を水槽として使うと、例えば屋内の日中は暖房をかけた部屋に置き、夜になると暖房を消すという場合でも、極端に水温が低下せず、メダカが体調を崩すことも少なく、みんな元気に春を迎えてくれます。

 

では、ここで発泡スチロールの蓋の作り方をご紹介いたします!

 

もし、容器にしているものの上の蓋があれば、それをそのまま利用します。発泡スチロールの蓋にプチプチシートを巻き、保温性を高めます。

 

発泡スチロールの蓋がない場合は、園芸用の支柱を組み合わせてクロス状にし、四辺の周りも支柱で作り、その上にプチプチを巻くだけで完成。

 

園芸用支柱もプチプチも100均で購入可なので、制作費は数百円ですみます。一度試してみてくださいね!

 

屋外ならビニールハウスがおすすめ?

屋外飼育で一番安全な飼育方法はビニールハウスに入れてしまうことです。ですが、そのような環境を用意できる人はまれですよね。

 

そこで、屋外で飼育する場合の注意点とビニールハウスは自作できるのかどうか、について書いていきたいと思います。

 

屋外飼育する場合の注意点

メダカを屋外で飼育すると、ビックリするくらい元気に大きく育ってくれます。

 

屋外飼育で特に気を付けないといけないことは、外敵からメダカを守ることと、急激な水温の変化に気を配ることなどが挙げられます。

 

1つずつ詳しくご説明するので、以下をごらんください。

①天気の変化と外敵

メダカの天敵は、天気の変化と外敵です。

 

突然の突風で飼育容器が倒れてしまったり、天候の変化により急激な大雨が降り、増水によりメダカが流れ出てしまうこともあるので、なるべくメダカにストレスにならない場所での飼育が好ましいです。

 

外敵は、ネコやイタチ、鳥やカエルなどの他、水中で生活するヤゴやゲンゴロウ、タガメなどが挙げられます。

 

対策としては、ホームセンターなどに売っている網で対応するのがベストですが、むずかしい場合は水槽の半分くらいに蓋をし、逃げ込める場所を作っておくことです。

 

そうすることで、鳥などから瞬時に逃げて隠れられるので、かなり生存率が上がるでしょう。

 

その時、蓋が外敵によって落とされないように、しっかり水槽に固定しておいてくださいね!

 

②急激な水温の変化

メダカは急激な水温の変化に弱く、すぐに病気になってしまいます。

 

春先から夏にかけて、特に水温の高い季節はどんどん水が蒸発してしまい、カラカラになってしまうこともあります。

 

そのため、メダカ飼育では出来るだけこまめに水を足す必要があります。

 

もし、水が減った状態が続いてしまうと、メダカがストレスに感じるばかりではなく、水質の悪化にもつながり、せっかく元気に育っていたメダカも一度に病気になってしまいます。

 

目安は、容器の水が全体の2/3になったら足し水を行い、メダカ一匹あたりの水量を1リットルに保てるようにすることです。

 

夏場は、直射日光に長時間当たっている場所での飼育は、あっという間に40度近くまで水温が上昇し、とても危険です。

 

その場合は、短い簾やよしずなどで、日陰を作るように工夫をしてください。

 

40度近い水温の場合はメダカが死んでしまう確率がアップします。

 

③周囲に落下物がないかどうか&増水対策

大雨や台風シーズンに入ると、思いがけない危険も起こり得るので、注意が必要です。

 

出来るだけ水槽周りには不必要なものを置かない工夫が重要です。

 

また、強風が吹いても風をよけられる場所に置くことや、強風によって水面が大きく波打たないようにする工夫がとても大切です。

 

もし、波打った勢いで水とともにメダカまで外にはじき出されたら、あとあと悲しい思いをしないといけません。

 

また、大雨が降れば水槽の水も増水します。そうなると、メダカも一緒に流されてしまいます。

 

それを防ぐためにも、先ほどお伝えした「蓋」がとても役に立ってくれます。

 

また、容器の側面に穴をあけておき、その穴を目の細かいシンク用の網などで蓋をしておくと、水だけが自然に排水されていきます。

 

ビニールハウスは自作できる?

ビニールハウスの自作、なんとできてしまいます!

 

まずは水槽をレジャーマットのような保温効果の高いシートで巻きます。

 

そして、ホームセンターなどで売っている、水槽が入る大きさのラックを組み立てます。

 

そして、ラックに菜園用の雨よケシートを張り巡らせます。

 

これでほぼ大丈夫だと思いますが、北風が気になる場所に置いている方は、よしずとプラダンで風を防ぐ工夫をするとバッチリです。

 

まとめ

メダカの飼育方法について書いてきましたが、いかがでしたか?

 

メダカの越冬には屋内屋外に関係なく、寒さ対策が必要です。

 

そして、日の当たる日中は蓋を外し、夕方になると蓋を閉めるといった、細かい対応も必要になってきます。

 

元気に冬を越し、春に一回り大きくなったかわいらしい姿を見せてもらえると、ホッとすると同時に、笑顔もこみ上げてきます。

 

ぜひ、メダカライフ楽しんでくださいね!


動物ドキュメンタリーを見るならHulu


月額固定料金で映像作品を
好きなだけ楽しめる
Huluはご存知ですか?

ドラマ・映画・アニメだけでなく、
動物ドキュメンタリーも充実!

以下のような、
動物ドキュメンタリーも視聴できます。
  • Animal Super Parents
  • 旭山動物園物語
  • もうひとつの動物園
  • Hidden Kingdoms
  • ホオジロザメ、宙を舞う
  • ガラパゴス
  • ブルー・プラネット


最初の2週間は無料視聴できるので、
ぜひお試ししてみてください。

無料視聴期間中に解約すれば、
完全無料です!

ですから、安心して
試してみてください。

無料お試しはコチラ