• ナマズの種類まとめ
  • 中型から大型・熱帯魚まで多種多様!

ナマズと一言で言っても、様々な種類がいます。

その数なんと15種類!

小型や中型そして大型、はたまた熱帯魚までいるのです。

 

そんな不思議な生き物、「ナマズの世界」へとご案内いたしましょう!

ナマズの種類まとめ!

ナマズ 稚魚 ひげ

まずは、ナマズを大きさ別にご紹介してみましょう。

 

小型のナマズ

  • ハラ・ジャーデニー
  • ゴールデンレオパードタティア
  • グラスキャット
  • ブロッチ・ホプロ
  • ギバチ

ハラ・ジャーデニー

ハラ・ジャーデニーは何とサイズは3cmしかない、超小型のナマズ。

 

インドのバングラディッシュに生息しています。

 

小さいけどナマズの中ではとても飼育しやすい種類で、初心者にも人気の種類です。

 

ゴールデンレオパードタティア

ゴールデンレオパードタティアの大きさは5cmほどで、ペルーのアマゾン川流域に生息しています。

 

サイズがコンパクトなこの種は、派手だけど性格はとても温和という飼いやすさもプラス。

 

人気物になる要素をすべて持ち合わせているナマズです。

 

グラスキャット

グラスキャットは体長約5cmほどのナマズで、マレーシアやタイ、インドネシアに生息しています。

 

泳ぎが得意な種で、日本でも人気のナマズ。

 

かわいい顔をしており、わりとよく流通しているので、入手しやすいナマズといえるでしょう。

 

ブロッチ・ホプロ

ブロッチ・ホプロは上記のナマズたちよりも少し大きい、15cmクラスのナマズです。

 

ブラジルのアマゾン川やコロンビアのパラグアイ川、ガイアナのオリノコ川などで生息しています。

 

どちらかと言えば、コリドラス的に飼育できる種なので、飼育の難易度は低め。

 

普段は温厚ですが、泡巣をつくるため、発情すると気性が荒くなり、気を付ける必要があります。

 

ギバチ

ギバチは日本に生息している淡水魚のナマズです。

 

体長は約20cmで、本州に生息しています。

 

日本のナマズの中では小さめタイプで、テリトリー意識が強いため、単独飼育をオススメします。

 

中型のナマズ

ナマズ 稚魚 ひげ

  • レインボーピラムターバ
  • シノドンティス マルチプンクタータス
  • トーキングキャット
  • バトラクスキャット
  • ジャガーキャット

 

レインボーピラムターバ

レインボーピラムターバはペルー産のナマズ。

 

普段は銀色の体色をしていますが、見る角度によっては玉虫色に光り輝く、とても綺麗なナマズです。

 

しかも、体長最大で25cmほどなので、60cm水槽でも飼育できる、とてもオススメの魚です。

 

性格は温和で、混泳もへっちゃらなところも魅力のひとつです。

 

シノドンティス マルチプンクタータス

おちょぼ口で床にあるエサを求めて夜活動する、アフリカ原産のナマズです。

 

口に入らないサイズの魚なら、混泳も可能です。

 

小さすぎるとパクッと食べちゃうので注意してくださいね。

 

大きな目と長いひげが特徴的なシノドンティスです。

 

体長は約15cmほどで、水槽飼育の混泳の場合は、他の魚の食べ残したエサのお掃除屋さんとして大活躍してくれます。

 

トーキングキャット

アマゾン川で生息する種で、ドラスキャットの仲間として知られています。

 

ドラスキャットの仲間は、地域により体型などが異なることが多く、基本的には地味なタイプが多いのですが…、

ホワイトラインは白と黒の模様がはっきりして、わりと華やかな魚です。

 

とても温厚な魚なので、幅広い種類との混泳が可能です。

 

体も強い魚なので、めったなことで病気にかかりませんが、購入するときはしっかり観察してから連れて帰るようにしてください。

 

丈夫な魚だからと、ペットショップでかなり雑な扱いを受けていることも多く、

白点病や極端に痩せた個体などが売られている場合もあるんです。

 

元気な個体かどうかをよく確認してから買うようにしてくださいね。

 

バトラクスキャット

裂けた感じの口と大きな丸みを帯びた頭の、他のナマズとは少し変わった様子をしています。

 

丸みを帯びているのは、頭だけではありません。

 

全体的にコロンとしたかわいらしいフォルムをしており、その形のせいか、ここ数年は大人気なんですよ!

 

そんなバトラクスキャットは、南米ペルーのアマゾン川の、流れがゆったりした川や沼、池などを好んで住んでいます。

 

驚くことに、裂けた口で自分の半分くらいある魚も丸呑みしてしまいます。

 

大きさは最大でも約20cmほどにしかならないため、60cm水槽で十分飼育できるのも人気上昇の理由ですね。

 

ジャガーキャット(スカイブルーキャット)

ブラジルのアマゾン川原産のナマズで、ヒョウ柄模様が特徴的な魚です。

 

飼育方法はとても簡単。

 

ジャガーキャットは夜行性なので、日中照明がついている時などは、物陰でジッと潜んでいることが多いです。

 

ですから、赤虫やナマズ用のタブレットなどのエサは、消灯したときに与えるのがコツ。

 

大食漢なので、与えすぎに注意して分量調整さえすれば、1日で食べ切ってくれます。

 

性格はとても温和なので、同じくらいの大きさの魚となら混泳も可能。

 

ただし口に入ってしまう大きさの魚は食べてしまう可能性が高く、

さらに体についている棘で他の同居している魚を傷つけてしまう恐れがあるので、十分注意が必要です。

 

更にジャガーキャットあるあるの情報を一つ。

 

移動の時など、通常の魚なら網で優しくすくってあげると良いのですが、

ジャガーキャットの場合は、網に棘が引っかかってしまいます。

 

その場合、網ではなく小さな器などですくうようにすることをオススメします。

 

大型のナマズ

  • ピラルク
  • キクラテメンシス
  • プロトプテルス
  • ジャウーペドラ

それでは定番ピラルクーからご紹介していきましょう!

 

ピラルク

世界最大級のウロコがある淡水魚、ピラルクは、アマゾン川のヒーロー的な存在です。

>>詳しくはピラルク・最大のサイズと基本情報!の記事でご覧ください。

 

ピラルクの全長はなんと3mあり、またの名を「巨大な生きた化石」と呼びます。

 

白亜紀に出現して以来ずっと、ピラルクの姿は一度も変わっていないというロマン溢れる生き様も魅力の一つ。

 

つまり、ピラルクは、1億年以上もの間同じ容姿をしているという、とても貴重な生き物なのです。

 

恐竜と同世代から生き続けているということだけでも

 

ピラルクの棲み処と姿

ピラルクは、南米大陸北部のアマゾン川流域に広く生息しており、

熱帯雨林の河川やその周辺の三日月湖(ラーゴ)を泳ぎ回りながら生活しています。

 

ピラルクの特徴は、なんといっても綺麗な色のウロコです。

 

この綺麗な色のウロコは、ピラルクという名の由来となっており、インディオたちの呼び名がもとになっています。

 

まさに「赤い木の実」のような色をしたウロコは、赤く染まる魚体です。

 

ピラルクの現状

そんなピラルクですが、食用目的の乱獲により、その数を激減させた時期がありましたが、

今はワシントン条約により、国際取引が規制されています。

>>ピラルクの最大サイズと生態情報

 

ピラルクは大きいために食べる場所が多く、そしてアマゾンの魚の中でも特に美味しいとされ、食用として珍重されてきました。

 

現在では養殖技術が確立され、南米のみならず東南アジアでも盛んに養殖がおこなわれ、

観賞魚として輸出されることも多く、稚魚をお手頃価格で販売していることもあります。

 

ピラルクは、肉は食用に、ウロコや舌の骨なども貴重な資源として利用されています。

 

ピラルクの舌の骨の表面は、細かな突起が複数密接に並んでおり、原住民の人たちは、この細かな突起をおろし金として利用してきました。

 

また、ピラルクの大きいウロコはとても固く、それでいて表面がザラザラしているため、爪磨きやヤスリ、工芸品として利用されます。

 

ピラルクの飼育方法

ピラルクを飼育するにあたって、最も重要なことは、大人になった時の大きさに見合う水槽を用意できるかということ。

 

飼育している場合は、それほど大きくはならないとは言われていますが、それでも1mは余裕で越えます。

 

ちなみにピラルクの世界最大サイズは5mにもなるといわれています!

>>ピラルクの最大サイズは

 

そして、体の大きさに見合う、エサの量も必要になります。

 

また、体が大きい分力も強く、狭い水槽だとビックリして水面に飛び跳ねてしまうこともあるため、丈夫で頑丈なフタが必須になります。

 

もし狭い水槽に入れてしまうと、ストレスを感じ、暴れて水槽の側面に追突し、死んでしまうこともありえます。

 

運よく生き残っても、奇形に成長してしまうこともあるため、必ずゆとりのある水槽で飼育するようにしてください。

 

ピラルクのエサ

肉食魚のため、生き餌での飼育です。

 

稚魚や子供の頃は、メダカや冷凍クリルや肉食魚用の人工エサを1日2回ほど与えるとGOOD。

 

大きくなると魚の切り身や金魚、コイ、甲殻類など、ピラルクの口の大きさにあった生き餌を食べさせる必要があります。

 

ピラルクは人によく懐くため、飼い主さんは思わず素手でえさをあげたくなってしまいます。

 

が、決して素手でエサやりしてはいけません!

 

必ずトングなどを使って食べさせるようにしてください。

 

もしピラルクに噛みつかれたら、そのあごの力は絶大で、大けがをする恐れがあるからです。

 

キクラテメンシス

キクラテメンシスは愛称を「キクラ」といいます。

 

野生化では、1m以上に成長し、飼育下でも60cmには成長する大型魚です。

 

基本的には生き餌で飼育することで、額のこぶが盛り上がってくるとともに、もともとの色味のゴールドもはっきりとした色になります。

 

大人になれば120cmの水槽で飼育しないといけなくなるため、小さいうちから大きな水槽を用意しておくことをオススメします。

 

また、元々は丈夫な魚として知られていますが、幼魚の時は弱いこともあるため、高水温で飼育し、一気に20cm越えまで成長させてしまうことをオススメします。

 

キクラテメンシスはき餌が大好きな種類のため、人工飼料を食べません。

 

食べないからといって、無理に絶食させたりすると、そのまま食べずに死んでしまうこともあるので注意!

 

無理をせず、生き餌で育ててあげましょう!

 

プロトプテルス

東アフリカの沿岸に生息している、約45cmの魚です。

 

肺魚の種類ですが、最も小型の種類で、体型がとてもかわいらしいため、なかなか手に入りづらい魚ながら、人気です。

 

とても丈夫な体で、水温や水質は特に気にせず飼育できます。

 

ところが、他の肺魚に比べると、デリケートな部分があり、特に擦れ傷に弱いため、注意が必要です。

 

エサは、赤虫やエビ、小魚を小さい時には好んで食べますが、大きくなってくると、強いアゴを使って、巻貝の殻を割りながら食べます。

 

人工飼料も食べてくれるので、肉食魚用の固形資料で育てるのも良いです。

 

肺魚なので、肺呼吸を行います。

 

そのため、水面で空気を吸えるように、蓋と水面の間はプロトプテルスの大きさに合わせて開けておく必要があります。

 

ジャウーペドラ

南米出身のジャウーペドラは、成長すると約20~30cmほどになります。

 

ぺドラとは、「岩」という意味をあらわすように、昼間は岩場にひっそりと潜んで生活をしています。

 

暗くなるとゆったり泳いで姿を現し、エサを探します。

 

その神秘の生態がたまらない!と一部のコアなファンに大人気です。

 

ジャウーペドラの飼育方法

隠れ家と水流は必須で、一度水慣れするととても買いやすい魚です。

 

性格はとてもおとなしいため、混泳魚に攻撃を加えることはありませんが、

逆に攻撃を加えられることもあるため、混泳は控えておいた方が良いかもしれません。

 

現地では渓流のようなところで生息しているため、水質には少し気を付けた方が良いです。

 

まとめ

  • ナマズと一言で言っても、小型・中型・大型に分けられる。
  • ナマズの世界最小は、約3cmしか長さのない、「ハラ・ジャーデニー」である。
  • 中型のナマズは、基本的にはアマゾン川流域で生息している。
  • 大型のナマズの代表は、水族館でよく見かける「ピラルク」である。

一言でナマズといっても、様々な種類が存在することをお分かりいただけたと思います。

 

中でもピラルクはナマズを飼育している方の最終目標として、君臨しています。

 

しかし、ピラルクを飼育できる環境がなかなか整わないのが現状。

 

ピラルクにお目にかかりたければ、是非水族館に足を運んでみてくださいね!

>>ピラルクを日本で見られる水族館紹介

 

とても綺麗なウロコを是非見ていただきたいと思います。

以下の記事もご覧ください。

ピラルクの最大サイズは

ナマズの稚魚のヒゲはなくなる

モササウルスの大きさをメガロドンと比較


動物ドキュメンタリーを見るならHulu


月額固定料金で映像作品を
好きなだけ楽しめる
Huluはご存知ですか?

ドラマ・映画・アニメだけでなく、
動物ドキュメンタリーも充実!

以下のような、
動物ドキュメンタリーも視聴できます。
  • Animal Super Parents
  • 旭山動物園物語
  • もうひとつの動物園
  • Hidden Kingdoms
  • ホオジロザメ、宙を舞う
  • ガラパゴス
  • ブルー・プラネット


最初の2週間は無料視聴できるので、
ぜひお試ししてみてください。

無料視聴期間中に解約すれば、
完全無料です!

ですから、安心して
試してみてください。

無料お試しはコチラ