• イモリには脱皮不全がある?
  • 脱皮して皮が変わるまでの時間は?

両生類のイモリは脱皮をします。初めてイモリを飼う方にとっては、何をすればいいのか分からないイモリの脱皮。

自然にいつの間にか終えていてくれればと願うのですが、まれに「脱皮不全」を起こすことも。

脱皮不全になったらどうすればいいのか。脱皮して皮が変わるまでの期間などをお伝えしつつ、脱皮不全の対策などを紹介していきます。

 

以下を読んで大切なペットのイモリの脱皮不全に、しっかりと対応していきましょう!

イモリには脱皮不全がある?

イモリの脱皮は「成長」ではない

そもそも「イモリって脱皮するの?」ってところから始まる初心者飼い主さんもいるのではないでしょうか。

キャラ

そう、イモリって脱皮するんです。

それも頻繁に!アカハライモリは平均して、月に一度も脱皮をします。

 

「月に一度も大きくなっているの?!」と驚かれる人もいるのですが、イモリの脱皮は成長のためではありません。

 

皮膚の表面に蓄積された汚れを脱ぎさるようなものなのです。

 

皮膚表面の衛生度を保つために必須の脱皮ですが、まれに脱皮不全という状態に陥ります。

 

イモリの脱皮不全とは?

キャラ

イモリは両生類なので、通常は水の中で生活をします。

水の中で、「なんかイモリの周りに透明の綿のようなものがある?」と思うときが脱皮のとき。水の中で皮が柔らかく取れやすいため、通常はスムーズに脱皮が進みます。

 

しかし気候が暑かったり、水槽の水が汚れているなどして、イモリが水に入りたがらなくなることがありますよね。

 

そんなときに脱皮をすると、皮が陸の空気で乾燥して、硬くなって取りきれなくなります。

 

これを脱皮不全と呼びます。

 

脱皮不全になるとどうなる?

イモリが脱皮不全になると、古い皮が体に巻きつき動きが鈍くなってしまい、体力を消耗します。

 

「そのうち脱皮しきるだろう…」と思っていても、どんどん元気がなくなっていくことも。

 

力尽きていずれ死んでしまうこともあります。

キャラ

脱皮不全と感じたら、早めの対処が必要です。

脱皮不全の対処法について、以下に紹介していくので実践してみてください。

 

実践しても様子が変わらず困ったときは、一人で処置しようとせずに、必ずペットショップや獣医さんのアドバイスを仰ぎましょうね。

 

イモリとヤモリの違い・見分け方についても記事を書いていますから、合わせてチェックしてみてください。

 

脱皮して皮が変わるまでの時間は?

イモリは月に一度、どちらかというと「こっそりといつのまにか」脱皮します。知らぬ間に脱皮が終わっているということが多く、水槽の中の皮の切れ端などで気付く飼い主さんが多いですね。

 

そのため、脱皮にかかる詳しい日数は分かりませんが、気付いたときには体のまわりに「水カビ?」と勘違いするような透明のふわふわした皮が浮かぶことがあります。

 

ちょうど上の動画の50秒目くらいからがわかりやすいですね。

 

数日間も脱皮しきれず古い皮が残っていると、動きが鈍って止まってしまうこともあるので、もっと早く脱皮は済むと考えていいでしょう。

 

しかし脱皮の開始日からマークして、日にちを数えるのは困難。「今何日目か?」って言われても、分からない飼い主さんが多いでしょう。

 

水替えのときに汚い水の中の皮の切れ端で気がつく程度で、通常飼い主さんはイモリの脱皮をリアルタイムに観察することは、あまりありません。

 

そう、飼い主さんがイモリの脱皮にリアルタイムで気がつくのは、脱皮不全のとき。

 

では、脱皮不全になったイモリに、どのような処置を施してあげればいいのでしょうか。

 

脱皮不全になったときの対処法

まず、イモリの脱皮不全の原因として考えられるのは「水の汚れ」と「乾燥」です。

 

イモリのすごす環境から、この二つの大きな問題点を、まずは取り除いてあげましょう。

 

水替えをする

上述したように、イモリはしょっちゅう脱皮をしている生き物です。

 

月に一度の脱皮で、落とす抜け殻は「皮膚の汚れ(垢)」と同等のもの。

キャラ

…汚い!って思いませんか?

つまり、イモリのすんでいる水の中って、イモリの垢だらけって考えていいでしょう。

 

上の動画のように、脱皮の皮を自分で食べちゃうイモリが多いので、皮すべてが水に浮いているわけではありませんが、欠片で水質が悪化していくのは確か。

 

水替えを頻繁にすることで、この汚いイモリの水を、クリアに保つことが出来るのです。

 

イモリを買う飼い主さんは、通常週に1度くらいの水替えを推奨されていますが、脱皮不全で体に皮が引っかかっているときは、頻度を上げて水替えをしてあげましょう。

 

乾燥を防ぐ

キャラ

次に、イモリの脱皮不全のときの大切な対応をお伝えします。

脱皮不全で皮が体に巻きついたままでは、動きが鈍って体力だけが消耗します。

 

このまま気付かずに数日を過ごしてしまうと、イモリが完全に動かずコロッと死んでしまうことも。

 

脱皮不全で体に残ってしまった皮を、まずは霧吹きなどで湿らせてあげるといいでしょう。

 

皮を湿らせることで、イモリの動きによって自然に皮が剥がれ落ちることがあります。

 

脱皮不全のイモリは、水から上がってしまい、陸の上で力尽きることが多いのですよね。

 

上述したように水の汚さが関係しているかもしれませんが、陸に上がることでますます乾燥して、皮がはがれにくいことに。脱皮不全が悪化してしまいかねません。

 

乾燥を防ぐべく、せめて霧吹きで十分な水分補給だけはしてあげましょうね。

 

脱皮不全の皮をピンセットで取り除く

飼い主さんによっては、小さなピンセットで、イモリの脱皮不全の皮を取り除いてあげることもあるようです。

 

これに関しては賛否両論。

 

脱皮不全の初期に発見できれば、「①霧吹きで水をかけて湿らせる」→「②ピンセットで体に巻きついている古い皮をとりのぞく」という手順は確かに有効です。

 

実際にそれで脱皮不全を改善したという飼い主さんもいますよね。

 

しかし、ピンセットでイモリの皮を取り除く行為には、イモリの命を縮める行為にもなりかねないことを、注意しなくてはいけません。

 

イモリの体力が残っているかどうか

ピンセットで脱皮不全の皮を取り除くとき、イモリがもし虫の息の場合、その行為によって力尽きることもあるのです。

 

「ピンセットを突き刺すわけでもないのに、なぜイモリは力尽きるの?」と思われるでしょう。

 

イモリは自然界の生き物です。ピンセットで皮を取り除くために、人間の手に抱き上げられ、もがく行為で体力を消耗してしまうのです。

 

一方で、皮をピンセットで取り除くことで、元気に復活することもしばしばあるため、飼い主さんはイモリの元気度をしっかりと見極めて、慎重に処置を行う必要があります。

 

迷ったときは自己判断せず、必ず獣医さんに相談する姿勢も大切ですね。

 

亀も脱皮する?

最後になりますが、イモリ同様にアクアリウムペットとして人気の亀も脱皮すると知っていましたか?

 

亀もイモリ同様に、「皮膚の汚れを脱ぎさる」意味での脱皮をします。

キャラ

そして、やはりイモリ同様に「地味に」脱皮をします。

知らないうちに水槽の中に、「皮らしきもの」の断片を発見することで初めて、「脱皮してたの?いつ?」と発覚することも。

 

亀の場合は水カビと勘違いして、動物病院に連れて行く飼い主さんもいるようです。

>>イモリが冬眠する方法とは?

 

まとめ

イモリといい亀といい、その生物特有の性質を、飼い主さんはよく把握しておくべきですね。

 

飼う前にしっかりとペットの性質を知っておくことで、ベストのタイミングで救える命がたくさんあるはずです。

 

犬や猫など、人間を認識してなつくペットと違い、ただ共同生活をしているだけのイモリは、不調に気がつきにくいものですよね。

 

ついうっかり重篤な状態を見逃してしまったという経験をされたことのある飼い主さんも多いはずです。

 

物言わず、体は小さくとも一つの命。

 

飼ったからには大切に、あらゆる事態に出来る限り対処してあげましょう。


動物ドキュメンタリーを見るならHulu


月額固定料金で映像作品を
好きなだけ楽しめる
Huluはご存知ですか?

ドラマ・映画・アニメだけでなく、
動物ドキュメンタリーも充実!

以下のような、
動物ドキュメンタリーも視聴できます。
  • Animal Super Parents
  • 旭山動物園物語
  • もうひとつの動物園
  • Hidden Kingdoms
  • ホオジロザメ、宙を舞う
  • ガラパゴス
  • ブルー・プラネット


最初の2週間は無料視聴できるので、
ぜひお試ししてみてください。

無料視聴期間中に解約すれば、
完全無料です!

ですから、安心して
試してみてください。

無料お試しはコチラ