• セキセイインコの寿命でギネス記録は?
  • 寿命が近づいた際の症状は?

セキセイインコの飼い主さんは、いつだってインコちゃんに夢中です。

そして大切なインコちゃんに、できるだけ元気に長生きしてもらいたいと思うのが、親心というものですよね。

今回は、そんなインコちゃんたちの寿命のギネス記録についてや、寿命が近づいてきた時の症状について、飼育経験をもとにご紹介したいと思います!

セキセイインコの寿命でギネス記録は?

インコちゃんは、飼い主さんの心構え次第で、寿命を超えて長生きしてくれることもある生き物です。

 

では、どんなポイントを押さえると、長生きしてくれるのでしょうか?

 

寿命を延ばすためのポイントは?

インコちゃんの寿命を延ばすには、毎日を快適に過ごさせてあげる必要があります。

 

では毎日を快適に過ごさせるためにどうすればいいのか。それを以下にまとめてみました!

  • 徹底した温度管理
  • 清潔なケージ
  • 新鮮なエサや水
  • 定期健診
  • フンの状態のチェック
  • 日光浴を心がけよう
  • 肥満は大敵
  • 人間とは違う生き物であることを認識する
  • 発情させすぎない
  • かかりつけの獣医を見つける

では、上記の各項目を詳しく見ていきましょう!

 

徹底した温度管理

インコちゃんの大好きな温度は20℃~30℃です。

 

飼育中は常にこの温度を心がけないと、セキセイインコはすぐに風邪などの病気にかかってしまいます。

 

人間の体感温度で飼育温度を決める飼い主さんもいるようですが、それは避けたほうがいいでしょう。

 

セキセイインコを飼っているのならば、必ずケージに温度計を設置し、数値を見て温度管理をする必要があります。

 

体感温度で飼育すると、人間が温かいと感じる温度で、セキセイインコが「寒い」と感じていることもしばしばあるからです。

 

セキセイインコはオーストラリアの乾燥地帯生れの鳥にも関わらず、日本の熱い夏の気候に、とても弱いという性質があるのです。

 

暑さは大丈夫でも、日本の高すぎる湿度が、セキセイインコの呼吸を苦しくするんですよね。

 

また、インコちゃんが動かずじっとしている様子が見られたら、それは寒がっている証拠です。

 

今度はセキセイインコの飼育ケースを早急に温めて、免疫力を高めてあげる必要があります。

 

免疫力が弱まると、病気にかかりやすくなるため、冬も気を抜かずに温度管理を気をつけてあげましょう。

 

特にお取り寄りや雛、そしてまだ成長段階のセキセイインコは、免疫力が常に弱い状態。

 

30℃に徹底管理した飼育容器内で飼うようにしてあげてください。

 

清潔なケージ

セキセイインコは、とてもきれい好きなので、ケージ内が汚いと、それだけでストレスをためてしまう生き物です。

 

病気になったり、トリヒゼンダニなどの虫が原因で起こる疥癬症に感染する可能性が高くなります。

 

疥癬症とは、皮膚に穴を掘って暮らすトリヒゼンダニが原因で起こり、幼虫が育つのも卵を産むのもすべて穴の中で起きる皮膚病のことです。

 

セキセイインコが顔や脚をかゆがって、止まり木やケージの網、食事容器などにこすりつけていたら、疥癬症の症状と考えていいでしょう。

 

また、くちばしの脇(口角)やろう膜の周辺、足や肛門の周囲に軽石状の無数に開いた小さい穴の白い塊があれば、さらに疥癬症の可能性が高くなります。

 

こまめな掃除とスキンシップを取りながらの健康チェックこそ、疥癬症の早期発見につながりますよ!

 

新鮮なエサや水

セキセイインコの飼育では、毎日エサや水を交換してあげてください。

 

飼育経験者からのワンポイントアドバイスですが、エサは「皮付きのエサ」が断然おすすめです!

 

皮付きエサは掃除が大変というデメリットがあるのですが、剥きエサよりも栄養が豊富な上に、エサを剥く作業でインコちゃんのストレスが軽減するというメリットが大きい!

 

水も水道水ではなく、1日コップなどにつけおきした、カルキ抜きのお水をあげるといいでしょう。

 

浄水器がついていたら簡単ですが、もしない場合は、お白湯(一度沸騰させて冷ました水)を入れておくと安心です。

 

定期健診

セキセイインコをはじめ、自然界の生き物すべてにおいて言えることですが、体調を崩しても限界に近づかない限り、表に出してくれません。

 

飼い主さんが見ている時は元気なふりをしているけれど、飼い主さんの姿が見えなくなると、ケージのすみでジッとして、体調不良を隠すなんて事もよくある話。

 

セキセイインコの体調不良を外見だけで察知するのは、初心者飼い主さんなどにとっては特に、至難の業と言えるでしょう。

 

しかし初心者飼い主さんでも、毎日しっかりとインコちゃんを観察することで、ちょっとした体調変化に気がつくことは可能です。

 

そのちょっとした変化に気づくか気づかないかが、セキセイインコを長生きさせられるかどうかの分かれ目になってくるので、ぜひ積極的に取り組んでみてください。

 

といっても「毎日の観察」って何をしたらいいの?という方のために、簡単な観察方法を一つお伝えいたしますね。

 

セキセイインコの体調変化にいち早く気がつくことができる方法…それは日課の「体重測定」です。

 

体重が急激に減少すると、急病の可能性があります。また、ご飯はモリモリ食べていても、体重が減っていく病気などもあります。

 

体重を追うことが体調変化をいち早く知る目安となるため、ぜひ毎日の測定を習慣にしてください!

 

もし、体重が減っている様子があれば、とりあえず病院に連れて行ってあげることで、セキセイインコのあらゆる病気の早期発見につながります。

 

また、手乗りインコであれば、毎日スキンシップを取ることで、さわり心地などから異常を発見することもできておすすめです。

 

フンの状態のチェック

先ほど書いた「体重測定」や「スキンシップ」と合わせて、セキセイインコ飼育において毎日チェックしてもらいたいことが、「フンのチェック」です。

 

さて、みなさんは正常なインコちゃんのフンを知っていますか?

 

正常なフンは、水分をあまり含んでおらず、緑がかった茶色におしっこの部分の白が横にライン上についた、こんもりした感じのフンをします。

 

正常なフンは水気のない、わりとカチッとしたイメージのフンです。

 

この状態のフンとは違い、色がおかしかったり、水分を多く含んでいる、または丸っこくなく線状に伸びているなどの場合は、動物病院で診てもらうことをオススメします。

 

フンの状態を毎日確認することにより、外見では見落としがちな体調の変化もすぐに感じ取れることが出来、病気の早期発見につながります。

 

日光浴を心がけよう!

動物にとって紫外線浴は、体内でカルシウムを吸収するために必要不可欠の行為です。

 

セキセイインコも例外ではありません。日光浴が不十分だと、体内でカルシウムが作られず、骨が丈夫に育たなかったり、ストレスでイライラしたりします。

 

鳥類はストレスを溜めると、毛引き症や自咬症といった病気につながることもあります。

  • 毛引き症:羽を自分で抜く症状です。
  • 自咬症:毛引き症が悪化したもので、羽を抜くだけではなく、皮膚や肉が傷つくまで噛んでしまう症状です。

では、セキセイインコをどのように日光浴させてあげると良いのでしょうか?その方法について触れていきます。

 

基本的には1日10~30分くらい、直射日光が当たる場所に鳥かごを設置するようにしてください。

 

その時、ケージ内の温度が上がりすぎて熱中症にならないよう、ケージの半分は陰になるようにし、セキセイインコ自身が、日陰と日向を自由に行き来できるように工夫してください。

 

そして、日光浴中は飼い主さんもそばにいて、体調の変化を観察してあげてくださいね!

 

肥満は大敵

セキセイインコは、肥満になり内臓に脂肪がつきすぎると、それが原因で寿命が縮んでしまう恐れがあります。

 

原因は以下の3つが考えられます。

  • 過剰なエサやり
  • エサの栄養バランスが悪い
  • 運動不足

 

セキセイインコを肥満にしないために大切なのは、やはり日々の体重測定です。

 

日々の体重測定をしていると、肥満にすぐに気がつくことができます。

 

その時点でのエサやりは適切か、運動は足りているかなどの確認ができ、対策も取りやすくなります。

 

セキセイインコは自然界の中では、乾燥地帯に分布して、1日何キロも水やエサを求めて飛び回っている鳥です。

 

飼育下の狭いケージの中では明らかな運動不足。肥満になる子も少なくないので、飼い主さんがしっかりと体調管理を気づかってあげましょう。

 

度を越えたスキンシップを控える

インコはとても人になついてくれる鳥で、かわいい声でおしゃべりをしたり、甘えた声で飼い主さんを呼んでくれます。

 

もちろん大切な家族であり、大切なペットとして大切にするのはいいのですが、度を越えたスキンシップはおすすめできません。

 

人間と同じ物を食べさせたり、口移しで食べ物をあげるなどの動画を見かけることもありますが、これは「厳禁」と言っても過言ではありません。

 

人間の食べ物で「味つき」のものは、インコにとって毒になるものもたくさんあるからです。

 

そして、口移しだと病気を移し合ってしまう可能性もあります。

 

人間が少しでも風邪気味のときに口移しでエサをあげると、インコに風邪がうつって命に関わることになりかねません。

 

逆に、セキセイインコの病気を人間がもらうこともありえます。

 

大切な家族だからこそ、人間と鳥は別の生き物であるという線引きを、飼い主さんがきっちりする必要があります。

 

発情させすぎない

セキセイインコはオスメスともに、年間に2回ほど発情期を迎えるのですが、ここで問題になるのが1カ月ほど続く『長期発情』と呼ばれるものです。

 

この長期発情は曲者で、病気や衰弱の原因になってしまうことが多く、健康を損なう一因にもなってしまいます。

 

予防方法は、以下の3つが考えられます。

  • 暖かいと発情するので、適正温度内で季節感を出すようにする。
  • 起きている時間が長いと発情しやすくなるので、活動時間は12時間ほどを心がける。
  • 飼い主さんがかわいがりすぎると、飼い主さんに発情するので、最低限のコミュニケーションを心がける。

飼い主さんが夜に起きていて明かりがつきっぱなしのときは、セキセイインコのケージにカバーやタオルをかけ、暗くしてあげるといいでしょう。

 

夜だと思って、お休みモードに突入してくれます。

 

セキセイインコの発情は体力を消耗し、命を削る行為です。

 

長生きしてもらうためにも、上の3つの注意点を心して、飼育下で長期発情を予防してあげるといいでしょう。

 

かかりつけの医者を持つ

セキセイインコが病気になったとき、即時気付いてあげることが理想です…が、やはり素人では見落としは避けられません。

 

ベテラン飼い主さんであっても、日々の忙しさの中で「うっかり」は起こりえます。

 

自分とは違う種類の生き物の命を預かっているのだという責任感と、仕事や学業などの日々の生活との兼ね合いの中、「インコの観察」という点で行き届かない飼い主さんに、おすすめの方法があります。

 

それは、プロの獣医さんの力を借りるということ。

 

爪切り検診の時に健康診断もしてもらうとか、元気な時のデータを獣医さんのところに預けておくなど、病気以外のときでもまめに獣医さんに診てもらいましょう。

 

そうすることで、普段の状態との違いをいち早く、プロの目で判断をしてもらいやすくなるからです!

 

セキセイインコの寿命のギネス記録は?

セキセイインコの寿命は、約5年~10年と言われています。

 

そしてセキセイインコのギネスの長寿記録は、なんと29歳2カ月!

 

インコ年齢の1歳は、人間の5~8歳に当たることを考えると…ギネス記録では114歳~256歳まで生きたということになります。

 

スゴイですね!ビックリして腰が抜けそうです(笑)

 

ここまでの長生きの理由は、個体自体の生命力の強さもありますが、飼い主さんの知識や飼育方法による部分も大きいと思われます。

 

飼い主さんのインコに対する習熟度によって、セキセイインコの寿命に10年以上もの差が出るとなると…学ばずに入られませんよね!

 

セキセイインコの寿命が近づいた際の症状は?

セキセイインコは寿命が近づくと、人間と同じように老衰の症状が現れてきます。

 

これは、何も高齢のインコに限りません。

 

体力が落ちたことにより、今までできていたことが出来なくなって、老衰のような症状を起こすこともあるのです。

 

  • 自分で毛づくろいが出来なくなり、羽がバサバサになり、つやつや感がなくなる。
  • 止まり木に止まっていられずに、いつもフン切り網の上にいる。
  • 足を引きずるように歩く。
  • フンきり網の上で、しかもケージの角にうずくまっている。
  • いつも目を閉じている。

以上のような変化が見られるセキセイインコは、かなりしんどい状態にあると言えます。

 

また、足にこぶが出来たり出血しているようなら、痛風になっている可能性も高く、至急病院に連れて行く必要があるので注意してください。

 

通風の場合は、薬や注射で症状を緩和させてあげることができるでしょう。

 

しかし老衰は、病院に連れてったとしてもどうしようもありません。

 

死の直前になると、大好きな飼い主に寄り添い、離れなくなるセキセイインコもいるそうです。

 

飼い主にとってはとても辛い時期ですが、インコがそれを望むなら、最期まで側にいて見届けてあげるのも、飼い主としての大切な務めです。

 

これまでの感謝の気持ちを伝えつつ、安らかな最期を迎えられるよう、見守ってあげてくださいね!

 

まとめ

セキセイインコの寿命を延ばすために、飼い主ができることをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

徹底した温度管理、ケージの衛生度、新鮮なエサや水、定期健診、かかりつけ獣医、フンのチェック、日光浴、発情の調整、適切なスキンシップなど、飼い主の工夫によってインコの寿命は劇的に延びることもあるのです。

 

通常は5~10年といわれるセキセイインコの寿命も、飼育管理を工夫することによって29年というギネス記録に迫ることもできるかもしれません。

 

もちろん記録のためではなく、大切な家族たるインコちゃんと、少しでも長く時間を共にするために、ぜひ上に紹介してきた飼育方法を参考にしてください。

 

この記事を読んだ方には、以下の記事も読まれています。

 


動物ドキュメンタリーを見るならHulu


月額固定料金で映像作品を
好きなだけ楽しめる
Huluはご存知ですか?

ドラマ・映画・アニメだけでなく、
動物ドキュメンタリーも充実!

以下のような、
動物ドキュメンタリーも視聴できます。
  • Animal Super Parents
  • 旭山動物園物語
  • もうひとつの動物園
  • Hidden Kingdoms
  • ホオジロザメ、宙を舞う
  • ガラパゴス
  • ブルー・プラネット


最初の2週間は無料視聴できるので、
ぜひお試ししてみてください。

無料視聴期間中に解約すれば、
完全無料です!

ですから、安心して
試してみてください。

無料お試しはコチラ