• セキセイインコの雛への餌でおすすめは?
  • ひなの性別の見分け方も解説!

セキセイインコの赤ちゃん、モフモフしていて、とても可愛いですよね!

見るたびに、お家にお迎えして育てたい!って誘惑に駆られてしまいます。

今回は、そんなセキセイインコの雛を育てるときにおすすめのエサ。

 

また、ヒナの性別の見分け方について、雛から育てた飼育経験をもとにお話ししたいと思います!

 

セキセイインコの雛への餌でおすすめは?

セキセイインコの雛を飼う時、注意しないといけないことがあります。

 

先ずは、以下をご覧ください。

 

雛を育てるときの注意点は?

  • エサをこまめに与えないといけない
  • 雛を買うなら、飼育の行き届いているペットショップで

エサをこまめに与えないといけない

セキセイインコの雛の飼育の、ポイントその1は…。

 

雛から大人の餌になるまでの間は、毎日必ず7:00~22:00に、6回から7回の挿し餌を与えるということです。

 

これはどんなことがあっても続けるべきルールです。

キャラ

挿し餌とは、親鳥の代わりに人が人工的にエサを与えるための方法。

では、実際挿し餌期間はどれくらいなのでしょうか?

 

雛の、挿し餌から1人餌に切り替わる期間は、生後40~50日前後。

 

ペットショップにいる雛は、ほぼ生後14~30日とばらつきはあるものの、少なくとも1~2週間はお世話を欠かしてはいけないということになります。

 

しかも個体差があるため、この期間できっちり挿し餌が終わるわけではありません。

 

1人餌になかなか慣れてくれず、上記の期間を過ぎても挿絵が必要な雛も多くいます。

 

セキセイインコが大好きな方は、雛から育ててその成長を我が子のように楽しむという感動を、ぜひとも体験していただきたい!

 

一方で、毎日の雛の餌やりが「難しいかも」という方に、インコの雛飼育はおすすめできません。

キャラ

けっこうな労力なので

そんな方は無理せず、1人餌に慣れるまで面倒を見てくれるペットショップなどを探してみましょう。

 

雛を買う場所

元気の良い雛は、良いペットショップで購入できます。

 

では、良いペットショップの条件とはどんなものがあるのでしょう?

  • 鳥かごが清潔
  • スタッフの知識や経験が豊富
  • 雛の入荷が頻繁

1つずつ詳しく見ていきましょう!

 

鳥かごが清潔

鳥かごの衛生度は、ペットショップの「しっかり度」をはかるための、大きな指標となります。

 

鳥かごがきたないということは、売られているペットの飼育状況も怪しいと考えていいでしょう。

 

これは個人的に、信頼できるチェック項目。

 

「良いペットショップ選び」にぜひ、活用していただきたいと思います。

 

インコに限らず「雛」はデリケートな生き物。十分清潔な環境で育ててあげる必要があります。

 

鳥かごが清潔なショップは、往々にしてお店も清潔なので、お店に足を踏み入れた瞬間に見極める判断材料になります。

 

スタッフの知識や経験が豊富

初めての雛飼育は、不安なことだらけです。

 

そんな時に購入したお店のスタッフの方に些細なことでも聞けるというだけで安心でき、飼育意欲も沸くというものです。

 

ですから、きちんとした知識や経験を持っているスタッフのいるお店で購入することをおすすめします。

 

店内や鳥かごが清潔なショップのスタッフさんは、基本ができていると判断できます。

 

様々なことをよく知っていて、いざというとき頼れるスタッフさんが多いですよ。

 

雛の入荷が頻繁

お店により雛の入荷量や頻度がちがいます。

 

できたら定期的に入荷しているお店がおすすめです。

 

そしてスタッフが実際に、入荷する雛を選びに行っているお店の方が、より安心できます。

 

頻繁に雛を仕入れているショップは、様々な個性を持った雛の扱いになれており、飼育方法のノウハウもたくさん持っています。

 

また雛を頻繁に仕入れられるということは、販売もスムーズに行っている証拠。

 

そのお店が地域で信用されているという、信頼度にもつながりますよね。

 

雛におすすめのエサとは?

雛用におススメのエサは、以下の3つ。メイン2種に補助食1種をご紹介いたします。

  • アワ玉
  • フォーミュラー
  • アマランサス

 

アワ玉

アワ玉は昔から雛のエサとして一般的によく知られており、殻をむいた「アワ」に卵黄やはちみつをまぶして作られたものです。

 

このアワ玉を少しふやかして雛に与えるのですが、これだけでは栄養満点というわけにはいきません。

 

そこで、おすすめなのが次に説明するフォーミュラーです。

>>セキセイインコのエサのおすすめ・手作り方法も紹介

 

フォーミュラー

フォーミュラーは、「ケイティイグザクト」が一番おすすめです。

 

これだけを食べさせても良いのですが、将来のことを考え、アワ玉と混ぜてバランスよく与える方がGOOD。

 

将来のことというのは、挿し餌が終わるときに始まる1人餌のことです。

 

1人餌に徐々に移行するために、2つの餌をミックスさせるといいのです。

 

フォーミュラーは粉。

 

粉を水分と混ぜ合わせただけの食事にするのではなく、出来るだけ小さいうちから自然の穀物になれさせておくことで、スムーズに1人餌に移行できます。

 

そのため、フォーミュラーとアワ玉をうまく混ぜ合わせて与えていきます。

 

ガッツリ挿し餌の時は、フォーミュラーを多くして、免疫重視の食事に。

 

大きくなるにつれ、アワ玉の割合を徐々に増やしていきましょう。

 

少しずつ割合を増やし、半々にして与え、その後1人餌に移行する頃にはアワ玉の割合を多くして、通常のエサに移行します。

 

アマランサス

あまり知られていませんが、アマランサスは雛時代から成鳥、そして老鳥まで与えてもOKなスーパーフードです。

 

栄養価が抜群でいて、カロリーは少ない。

 

そして、アレルギーが出てしまった鳥ちゃんにも食べさせることができ、アレルギーもいつの間にか治っていた!

なんていうこともよくあります。

 

もちろん、人間も食べられる穀物なので、いろいろな食材に入れて試してみてくださいね!

 

ただ、このアマランサスだけを食べさせるのはNG。

 

必ず、アワ玉+フォーミュラーに少量アマランサスという感じで、複合的に挿し餌を作ってあげてくださいね!

>>セキセイインコのエサでおすすめは

 

雛のエサの作り方

雛のエサはとても痛みやすいため、食事の度に新しいものを作る必要があります。

 

購入して家に連れ帰ったと単に食欲をなくす雛もいます。

 

慌てず対処できるよう、購入時に、ショップで餌や生活に関することを情報収集しておいてくださいね。

 

雛のエサは、成長とともに変化させる必要があります。

 

以下に詳しく解説いたしますね。

 

生後3週間(21日)~

特徴

全身がフワフワの白い羽毛に覆われ、やっと翼や尾羽に色が出始めたころの雛。

 

体重はまだ35gほどしかなく、ほとんど1日中、寝て過ごします。

 

飼育容器は保温して暖かく保ち、湿度は60~70%を心がけてください。

 

エサをあげるとき以外は雛に触れないようにし、ケースにタオルなどをかけて暗く安静にしてあげてくださいね!

 

エサ

挿し餌回数は1日4~5回必要で、挿し餌の温度は30℃くらいです。

 

お腹がすくと餌を求めて必死に鳴きます。

 

鳴かずにエサも食べなくなったら、満腹になったという合図なので、そっとそのまま飼育容器に入れ、静かに寝かせてあげましょう!

 

この時のチェックポイントは、そのう(喉から胸あたり)がしっかり膨らんでいるかを確認することです。

 

生後4週間(28日)~

特徴

全身はカラーの羽が生えそろい、風切羽根と尾羽はまだ短い。

全体的に丸みをおび、セキセイインコらしくなってきます。

 

体重は37gほどで、翼をバタバタさせるのが好きになる時期。

 

挿し餌の時に走り回ったり、暴れたりすることも増えてくるので、熱いお湯や危ないものはそばに置かないように注意しましょう。

 

飼育容器の温度は28~30℃。

 

キャラ

ヒナの様子をこまめにチェックするようにしてください。

 

羽を膨らませて震えている時は「寒い」サイン。

 

口をパクパクさせたり、翼を持ち上げて脇を見せるようなしぐさをしているときは、「暑い」サインで、いずれも飼育容器温度の調節が必要です。

 

また、この時期から止まり木の練習を始めても良いですが、必ず一番低い止まり木から始めてくださいね。

 

エサ

1日4~5回の挿し餌は続けます。

 

それと並行して、乾いたアワ玉または剥きアワ、アワの穂を入れ、雛がついばむか確認をします。

 

ついばんでいるようなら、乾いたアワ玉や剥きアワを浅い皿に入れ、ケース内に置いておきます。

 

この時、ちゃんと食べられているか、遊んでいるだけなのかを見極めてくださいね。

 

もしどちらかよくわからず、心配ならば挿し餌の回数は減らさずに、そのまま続けるといいでしょう。

 

確実にアワ玉を食べていることが確認できたら、挿し餌の回数を1回減らし、次の日に体重が減っていないかを確認してみてください。

 

体重が減っていなければ、少しづつ挿し餌を減らしていっても大丈夫です。

 

が、食べていないのに減らすととても危険なので、慎重に行う必要があります。

 

いつまでに挿し餌をやめさせなければならないという決まりはありません。

 

ここで焦らず慎重に進めることが、セキセイインコの雛飼育で一番大切なポイントとなります。

 

生後5週間(35日)~

特徴

風切羽根が立派になり、背中でクロスするくらいまで伸びてきます。

 

飛べるようになると、丸まるしていた体型から少しスリムになり、体重も一時的に減りますが、この時は心配する必要はありません。

 

飛べることがうれしいあまり、突然ケージから飛び出すなんていうことも多々あります。

 

 

危ないものは全て片付け、窓にはカーテンを引くようにしてください。

 

 

カーテンは窓ガラスにぶつかったときのクッションの役割を果たしてくれますよ。

 

上手に飛べるようになってきたら、ケージデビューです。

 

はじめはフンきり網を外し、止まり木は低い位置に付け、床で過ごせるように工夫してくださいね!

 

ケージになれるために、しばらくは夜はプラケース、日中はケージ生活が始まります。

 

寒い時期は特に注意が必要です。

 

ケージの寒い空間に耐え切れず、体調を崩すこともあるため、30度前後のケージ温度を保つよう注意しましょう。

 

エサ

風切羽根が一人前になったからと言って、極端に挿し餌をなくしてはいけません。

 

数日かけてゆっくり段階的に、挿し餌の量と回数を減らしていきます。

 

その時、必ずケースの中には、「乾いたアワ玉」「皮つきの大人のエサ」「水」を入れておいてください。

 

もし、皮つきシードが好きでよく食べるようなら、アワ玉は入れなくてOK。

 

食いつきが悪い場合は、「アワの穂」もしくは「ヒエの穂」がおすすめです。

 

ヒエの穂をたくさん食べさせると、筋肉質でしっかりした体つきになります。

 

セキセイインコのひなの性別の見分け方

セキセイインコの雛の性別は区別がつきにくく、ペットショップのスタッフさんでも見分けられないくらいです。

 

生後半年もすれば、鼻のろう膜の色が変わってきて、性別を見分け易くなってきます。

>>セキセイインコ・レインボーの性別の見分け方

 

オススメの雛の性別の見分け方

基本的に、品種に関わらずセキセイインコはオスメスともに、ピンク色の鼻をしています。

 

そのため見極めるのはとても難しいのですが、中にはよく見ると違いがわかる雛もいます。

オス:全体的にきれいなピンク色

メス:鼻の穴の周りは白っぽくて、周りは薄ピンク

残念ながらこの方法以外、雛時代に性別を見分ける方法がありません。

 

まとめ

セキセイインコの雛におすすめのエサと、雛を育てるうえで大切なポイント、雛の性別を知る方法について書いてきましたが、いかがでしたか?

  • セキセイインコの雛を育てるときは、こまめに餌を食べさせなければならない。
  • セキセイインコの雛をお迎えするときは、飼育の行き届いているペットショップで購入する必要がある。
  • セキセイインコの雛にオススメのエサは、アワ玉+フォーミュラー+アマランサス!
  • 雛のエサは、成長とともに変化をつけていく必要がある。
  • セキセイインコの雛の性別は区別をつけにくいが、あえて言うなら鼻にほんの少し違いがある。

セキセイインコの雛の性別を確実に判断するのは至難の業です。

 

ですから、お家にお迎えした雛は、性別に関わらず大切に育ててあげるようにしてくださいね!

 

挿し餌で育てた子は、本当にかわいらしいですよ!

以下の記事もご覧ください。


動物ドキュメンタリーを見るならHulu


月額固定料金で映像作品を
好きなだけ楽しめる
Huluはご存知ですか?

ドラマ・映画・アニメだけでなく、
動物ドキュメンタリーも充実!

以下のような、
動物ドキュメンタリーも視聴できます。
  • Animal Super Parents
  • 旭山動物園物語
  • もうひとつの動物園
  • Hidden Kingdoms
  • ホオジロザメ、宙を舞う
  • ガラパゴス
  • ブルー・プラネット


最初の2週間は無料視聴できるので、
ぜひお試ししてみてください。

無料視聴期間中に解約すれば、
完全無料です!

ですから、安心して
試してみてください。

無料お試しはコチラ