• モササウルスの大きさをメガロドンと比較!
  • モササウルスは、ジュラシックワールドだと最強?

恐竜映画のジュラシックパークが2018年7月に公開されたばかり!

というわけで、日本中のジュラシックワールドファンが大好きな恐竜について調べてみました。

 

今回は、ジュラシックワールド6で登場するモササウルスについて!

 

モササウルスの生態とか大きさとか、わかる限り調べてみたので、以下を読んで2019年のジュラシックワールド6の公開を待ちわびましょう!

モササウルスの大きさをメガロドンと比較!

モササウルス 大きさ

ジュラシックワールドで登場するモササウルス…レックスをぱくりと丸呑みにする巨大さに、息をのみましたよね!

 

あの大きさ!

あの狂暴さ!

 

あの食欲は素晴らしいですね。

 

強い物好きの少年にはたまらない、モササウルスの大きさを、調べてみました。

 

今回は、モササウルスと並んで古代の海の亡者として人気者のメガロドンと、大きさ比べをして見ました。

  • モササウルス(ティロサウルス):13~18m
  • メガロドン:15m~20m

メガロドン圧勝でした笑。

 

「え?」って思いませんか?

 

ジュラシックワールドで、モササウルスの大きさを目の当たりにした我々だけに、あれ以上の巨大生物が海にいたなんて、ちょっと怖くなっちゃいますよね。

 

もう、大型タンカークラス。海で出会っても大きすぎて認識しないうちに飲み込まれる系。

 

キャラ

メガロドン圧勝でした。

 

しかし、モササウルスは7900万年~6500万年前に生息。

 

メガロドンは1800万年~150万年前に、地球上に生息していました。

 

この2匹…そもそも出会ってなかったんですよね笑。

 

同じ時代に海にいて、闘っていて欲しかったけど、残念ながらそんな状況ではなかったみたいです。

 

モササウルスは、ジュラシックワールドだと最強?

モササウルス 大きさ

どうしてもわたしたちは「どっちが強い?」とか「誰が一番?」と考えてしまうのですが、恐竜同士の強さはなかなかはかれません。

 

モササウルスは海の生き物なので、陸上の恐竜とは比べにくいんですよね。

 

ちなみにモササウルスは、当時の海の生態系のトップの強さ。

 

物理的な力では、圧倒的に他の生き物を凌駕しています。

 

が、恐竜の遺伝子をもてあそび、危険となれば殺そうとする人間は、

やはり自然界の1種の生き物に対しては圧倒的な力を持っているといわざるを得ないんじゃないでしょか。

 

つまり、現代の地球上では…

ジュラシックワールドの全ての生き物の中で、やっぱり人類が最強かなって思います。

 

モササウルスの基本情報

  • 名前:モササウルス
  • 時代:白亜紀
  • 生息年代:役7900万年~6500万年前
  • 種族:爬虫類
  • 食性:イカ、魚、アンモナイト、貝類、ウミガメ

モササウルスの姿、スクリーンで見た方ならご存知でしょうが…。

 

「なんか足が4本ある?」って思いませんでしたか?

 

そう、モササウルスって爬虫類なんですよ。

 

メガロドンと比べちゃったからまぎらわしくなっちゃったけど、魚類じゃなく爬虫類。

キャラ

ワニっぽい体なんですよね。大きさは現代ワニと全然ちがうけど。

さすが白亜紀。

 

恐竜の支配する世の中では、海の中の支配者も爬虫類だったんですね。

 

ティロサウルスって?

ちなみに、ジュラシックワールドに出てくる「モササウルス」と呼ばれてるあいつ。

 

あれってティロサウルスだと思うんですよ。

 

ティロサウルスとは、モササウルスの中の最大級の種。

 

キャラ

「ネコ」って生き物の中の「ヒマラヤン」みたいなね。

体長15m以上となるとティロサウルスだと思うんですよ。

 

モササウルスの強さ

そうです、モササウルスは、6500万年前までの海の覇者でした。

 

海の中の生態系のトップに君臨していたのがモササウルス。

 

ちなみに150万年前までは、メガロドンが海の生態系トップに君臨していました。

 

そして現代の海の生態系トップは、水族館でも人気のシャチです!

 

モササウルスの子供の産み方!

モササウルスについて調べていると、面白いことがわかりました!

 

キャラ

それは子供の産み方です!

 

モササウルスは爬虫類って上述しましたよね。

 

爬虫類って言うと、卵を産んで、卵がかえって幼生が生まれる出産方法なんですよ。

 

しかしモササウルスの場合は、海中で出産していたとされています。

 

モササウルスの幼生の化石が海中から見つかっているため、モササウルスは海中で出産していたことが予想されています。

 

つまり、卵を体内で孵し、体内で幼生になるまで育ててから、海中で出産していたということです。

 

爬虫類なのに、安全策をとっての体内&海中出産。

 

この出産方法によって、モササウルスは安全な子孫繁栄方法を実現させていたんですね。

 

モササウルスの化石はどこで?

モササウルス 大きさ

モササウルスは1770年代にオランダで化石が発見されました。

 

その後フランス革命戦争でフランスに持ち帰られて、化石を研究。

 

現在はフランス国立自然史博物館に保管されていると思われます。

 

「モササウルスみたい!けどフランス遠いわww」って方にも朗報です。

 

北半球の海の支配者だったモササウルス。

 

なんと日本でも化石が発見されてるんですよ。

 

和歌山とか大阪とか北海道で!

 

「で、どこで展示されてるの?」と聞かれると…

 

調べたけどわかりませんでした。

 

ジュラシックワールド3の公開が2019年6月だから、それまでに展示してほしいですよね。

 

キャラ

日本の各博物館に期待しましょう!

 

最後にちょっとだけ、ジュラシックワールドについても触れておきますね。

 

ジュラシックワールド3について

人間が遺伝子操作で生み出した恐竜が、現代社会に生まれなおしてある島で繁殖。

 

そんなリアルなストーリーを圧倒的な映像スキルで映画化したのがジェラシックワールド!

 

子供にも大人にも大人気の恐竜映画として、世界中で興行収益がすごいことになっちゃってます。

 

逆に、この世界的超大作映画を機に、恐竜の魅力に触れちゃった人も多数!

 

恐竜映画といえばジュラシックワールド!

 

ジュラシックワールド炎の王国について

つい先ごろ、2018年の7月に、ジュラシックワールド炎の王国が日本で公開されたばかり!

 

2018年の夏は、恐竜好きな子供たちが映画館に長蛇の列で並んだものでした。

 

シリーズで言うと2作目になるのかな。

 

ストーリーの冒頭から、今回のテーマでもあるモササウルスが大暴れ。

 

前作のラストからつなぎのストーリーで、人間にとって危険なため閉鎖されたジュラシックワールドの世界に入ってきた人間を、モササウルスが大暴れでお出迎えって冒頭(笑)。

 

最初っから迫力ありすぎで、まばたき忘れる子が多数。

キャラ

逆に、目をつぶりっぱなしの子もいたでしょうね。

 

人間丸呑みのモササウルス

そう、モササウルスって体長が18mあるから、人間丸のみです。

 

モササウルスの迫力が知りたい方はぜひ、ジュラシックワールドをシリーズでお楽しみくださいね!

 

ジュラシックワールド3の公開日

ジュラシックワールド3の公開日は、アメリカでは2019年6月11日とされています。

 

前作の時から堂々と告知していて、「数年後の映画公開日まで今決めちゃってるんだ?」とびっくりしました。

 

キャラ

エンターテイメントとしてのハリウッドの完成度やサービス精神はすごいですね。

 

おかげでファンとしては、2019年の6月(多分日本では数週間後)を楽しみに待つことができます。

 

まとめ

 

  • モササウロスの最大体長は18m。メガロドンの最大体長は20m。メガロドンの方がちょっと大きい。
  • ジュラシックワールドで最強なのは…やっぱり人類。
  • モササウルスは白亜紀の海中生物の生態系トップの爬虫類。
  • モササウルスは爬虫類なのに、体内で幼生を育て、海中で出産する。
  • モササウルスの化石はフランスの国立自然史博物館で見ることができる。
  • 2019年6月11日に、ジュラシックワールド3がアメリカで公開!
  • 2018年7月に日本で公開されたジュラシックワールド炎の王国では、モササウルスの恐ろしさが冒頭からたっぷりと堪能できる!

 

以下の記事もご覧ください。


動物ドキュメンタリーを見るならHulu


月額固定料金で映像作品を
好きなだけ楽しめる
Huluはご存知ですか?

ドラマ・映画・アニメだけでなく、
動物ドキュメンタリーも充実!

以下のような、
動物ドキュメンタリーも視聴できます。
  • Animal Super Parents
  • 旭山動物園物語
  • もうひとつの動物園
  • Hidden Kingdoms
  • ホオジロザメ、宙を舞う
  • ガラパゴス
  • ブルー・プラネット


最初の2週間は無料視聴できるので、
ぜひお試ししてみてください。

無料視聴期間中に解約すれば、
完全無料です!

ですから、安心して
試してみてください。

無料お試しはコチラ